参院本会議で働き方改革関連法案に関する質問を聞く安倍晋三首相=2018年6月4日、川田雅浩撮影
参院本会議で働き方改革関連法案に関する質問を聞く安倍晋三首相=2018年6月4日、川田雅浩撮影

社会・カルチャーニュースをウラ読み

「高度プロフェッショナル制度」のごまかしとカラクリ

位川一郎 / 毎日新聞紙面審査委員

 「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ働き方改革関連法案が、今国会で成立するとみられています。野党、労組、過労死遺族から「過労死を促進する」「定額働かせ放題」などと批判を浴びながら、政府・与党はなぜこの制度にこだわるのでしょう。

 「高プロ」と略称で呼ばれるこの制度は、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す制度です。導入する理由を政府がどう説明しているか、毎日新聞の記事で確認してみました。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1404文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
位川一郎

位川一郎

毎日新聞紙面審査委員

 1957年広島県生まれ。東京大経卒。81年埼玉新聞社入社。88年毎日新聞社入社。水戸支局、経済部、総合メディア事業局、地方部などを経て、2004~10年経済部編集委員。国土交通省、農水省、総務省などを担当し、ライブドア騒動、米国産牛肉の輸入再開、公共事業問題などを取材。13年から現職。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…

知ってトクするモバイルライフ
SIMフリースマホとして発売されるファーウェイの「P20」(右)と「P20ライト」(左)

「SIMフリースマホ」ファーウェイ追うモトローラ

 SIMフリースマートフォン市場が活況だ。同市場で約3割のトップシェアを持つファーウェイは6月11日、フラッグシップモデルの「P2…