マネー・金融株主になったら

「株主優待は違法!」赤字ローカル電鉄に下された判決

中西和幸 / 弁護士

株主優待(3)

 株主優待は、多くの個人投資家をひきつける魅力的なものです。ただ、この株主優待は法律上保証されたものではありません。過去の裁判では、赤字続きの会社が行った株主優待が違法と判断されたことがあります。

 その舞台となった会社は、「土佐電気鉄道株式会社」(以下「土佐電鉄」)といい、高知市内の路面電車や高知県内のバス事業を営んでいました。現在は、他の会社と事業統合して、「とさでん交通株式会社」となっています。

 土佐電鉄は、非上場会社であり、1962年以降長年赤字経営が続いていました。マイカーの普及などにより…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1641文字)

中西和幸

中西和幸

弁護士

1992年東京大学法学部卒。95年弁護士登録。上場企業の社外取締役、社外監査役を務め、企業法務に詳しい。共著に「会社役員の法務必携」(清文社)、「企業法務からみた株式評価とM&A手続き」(同)、「『社外取締役ガイドライン』の解説」(商事法務)、「企業不祥事インデックス」(同)など。