海中道路
海中道路

政治・経済素顔の沖縄けいざい

「コールセンターだけじゃない」沖縄振興の次の主役は

渡部晶 / 沖縄振興開発金融公庫副理事長

 沖縄の「比較優位」とは何か。その優位さを伸ばすことが、沖縄の振興に重要だと有識者は指摘する。やさしく言えば、圧倒的に優位に立つ東京との対比で、沖縄は何が得意なのかということだろう。

 現在、沖縄が力を入れているものは三つある。「観光、物流、情報通信技術(ICT)」だ。沖縄の地理的・気候的な優位性から、観光、物流の二つはわかりやすいストーリーだ。

 残る「情報通信技術」だが、沖縄県では早い時期からコールセンター誘致に取り組んできた。2017年1月…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1535文字)

渡部晶

渡部晶

沖縄振興開発金融公庫副理事長

1963年福島県生まれ。87年京都大学法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。福岡市総務企画局長、財務省地方課長兼財務総合政策研究所副所長、内閣府大臣官房審議官(沖縄政策担当)などを経て、17年6月から現職。沖縄をはじめ、地域振興の仕事に携わってきた。「月刊コロンブス」(東方通信社)で書評コラムを掲載中。