くらしマンション・住宅最前線

子どもが遊べるマンション中庭「東京と大阪の違い」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 大規模マンションに居住者専用の中庭(プライベートガーデン)をつくる--。これは東京でも大阪でも同様に行われている。ところが、東京と大阪のマンションで大きく異なることがある。それは「子どもの安全」に対する姿勢である。

首都圏は「水に入ってはいけません」

 結論を先に申し上げると、東京を中心にした首都圏のマンションは、安全を非常に重視した中庭づくりを行っている。水盤(浅い池)や水の流れをつくると、「水深10センチでも小さな子どもは溺れることがある」と考えて、努めて水深を浅くする。

 浅い水盤のほうが、清掃もしやすいという理由もあるのだが、とにかく水は浅くし、その上で「水に入っては…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1372文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。