武井房子さん(右)と駒形一洋さん
武井房子さん(右)と駒形一洋さん

くらし経済プレミアインタビュー

「インターンなしでは埋没」学生採れない企業の悲鳴

編集部

「超売り手市場」を大手就活サイトの専門家に聞く

 2019年春大卒予定者の採用市場は、6月初旬が大手企業の内定を出すピークとなり「第1クール」を終えた。大手就活サイト「キャリタス就活」を運営するディスコの上席研究員、武井房子さんとキャリタス就活編集長の駒形一洋さんに市場の動きを聞いた。【聞き手、経済プレミア編集部・渡辺精一】

「5月中旬内定」では遅いほう

 --学生優位の売り手市場がさらに強まっています。

武井房子さん
武井房子さん

 ◆武井さん 「会社説明会など広報活動が3月解禁、面接など選考活動は6月解禁」という日程は17年卒採用から3年連続で変わっていません。しかし、人材を確保したい企業側の「前のめり」感はすごく、採用活動はさらに早まりました。

 3月半ばからエントリーシート(ES=応募書類)の締め切りラッシュとなり、昨年より1週間から10日早まりました。インターンシップに参加し、2月までに準備していた学生ならESが書けたでしょうが、3月スタートの学生には厳しかったでしょう。

 --ディスコの調査によると6月1日の内定率は65.7%で前年同期を2.3ポイント上回りました。

 ◆武井さん 昨年なら「5月中旬に内定が出た」という学生には「早めにもらえて安心できたね」と話していましたが、今年はそれでは遅い。ゴールデンウイーク前の4月中に内定出しのヤマがあり、休み明けの5月中旬にもう一ヤマ。その後は6月1日まで沈静化しました。

就活と一体化するインターン

駒形一洋さん
駒形一洋さん

 --企業が学生と接触できるインターンが注目され、特にワンデー(1日完結)型が増えています。学生には「就活の入り口」という位置づけも強まっています。

 ◆武井さん 中身はかなり変わってきました。「就業体験」といっても「グループワーク(学生がグループになり課題に取り組み発表する手法)付き会社説明会」に近い。「3月1日より前はインターン、それ以降は会社説明会」と理解している学生もいる。参加したインターンから志望先を絞っていく傾向が強まっています。

 ◆駒形さん 「どんな企業があるか調べよう」という姿勢が弱まっています。「キャリタス就活」は3月以降にアクセス数は減少しました。2月時点で「お気に入り」に入れた企業にしかエントリーしなくなっている。企業はインターンで学生に知ってもらわないと「存在しないもの」と見なされ、埋没してしまう。

 --「インターンと採用選考は切り離す」が政府や経団連のルールであり、以前は「企業がインターンを採用選考に利用している」という批判もありました。

 ◆武井さん 「インターンをやらないと学生が採れない」が現実です。「選考に利用するのはけしからん」という声は今年はほとんど聞かれませんでした。「採用選考とは無関係」はすでに無理がある。学生は「採用への優遇があって当たり前」と期待しています。

 ◆駒形さん ワンデー型が増えているのも「何日もかかるインターンは面倒」と考える学生が多いという要因があります。

未内定者の7割は「見通し立たず」

合同企業説明会に参加した就活生ら=2018年3月1日、千葉市美浜区の幕張メッセで
合同企業説明会に参加した就活生ら=2018年3月1日、千葉市美浜区の幕張メッセで

 --ディスコ調査では、8年連続で業界人気の首位だった「銀行」が4位に転落。メガバンクが人員削減を打ち出したことなどが影響しているのでしょうか。

 ◆武井さん もともと銀行志望者は安定志向が強い。「安定」を求めているのに、先行きがわからなくなり「敬遠したい」と反転したのでしょう。逆にIT業界志望の学生が増えています。

 --6月1日時点では、未内定者の7割は内定の見通しが立たず、進学や留年など「就職以外の道」を考えている学生も1割超います。

 ◆武井さん 例年、遅い時期になると「就職をあきらめる」という声は上がりますが、6月は早すぎます。売り手市場が「来年再チャレンジして絶対大手に行く」という期待感を生んでいるようです。

 ◆駒形さん 選考に落ちても、新たにエントリーせず「持ち駒」がなくなるパターンです。東京の有名大学では6月に未内定学生向けセミナーを開きましたが、参加学生のほとんどが業界トップ企業だけしか受けていませんでした。環境はいいので視野を広げることが重要です。

略歴

 武井房子(たけい・ふさこ) ディスコ キャリタスリサーチ上席研究員。1993年ディスコ入社。97年から調査部門。1年間の育休後、2009年に復職。大学生や企業の採用担当者、留学生などを対象とした調査・ヒアリングを実施している。

 駒形一洋(こまがた・かずひろ) ディスコ キャリタス就活事業企画部部長兼キャリタス就活編集長。2000年ディスコ入社。14年よりキャリタス就活の企画を担当。15年7月より現職。サイト設計・企画・運営・プロモーションを担当している。

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…