くらし人生100年時代のライフ&マネー

抜け穴封じられた相続節税の定番「小規模宅地の特例」

渡辺精一 / 経済プレミア編集部

変わる相続(1)

 実家の相続をする場合、土地の評価額を大幅に減らすことのできる特例が2018年4月に厳格化された。「節税策の定番」として広く使われているだけに、活用を考えていた人は注意が必要だ。

残された家族の「生活の場」守る

 亡くなった人(被相続人)が自宅敷地にしていた土地を、その配偶者か同居している親族が相続した場合、330平方メートルを上限に、相続税を計算する際の土地評価額を8割減らすことができる。これを「小規模宅地等の特例」という。土地評価額が1億円でも、2000万円に減額され、非課税枠である「基礎控除」を引けば、課税なしで済むケースもある。

 日本の持ち家比率は6割と高く、相続税を申告した人が相続した財産の4割は土地が占める。2015年の相…

この記事は有料記事です。

残り1334文字(全文1661文字)

渡辺精一

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
 

消費者金融の「無人店舗」新設が目立つ意味合いは?

 消費者ローン市場で微妙な変化が表れ始めている。銀行のカードローン融資残高が少しずつ減少する一方で、消費者金融など貸金業者のローン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…