スキル・キャリアキャリアを築くヒント

「トラブル処理や尻ぬぐい」の経験がキャリアに生きる

細川義洋 / ITコンサルタント

 現在、私は経済産業省の政府CIO(内閣情報通信政策監)の補佐官として同省に勤めています。先日、同省のある職員が「大臣賞」という表彰を受けました。副賞などはありませんが、世耕弘成経産相から直接、表彰状を手渡されたそうです。官庁の職員として名誉なことでしょう。

職員が「大臣賞」を受けた理由

 印象的だったのは、受賞理由です。いくつか理由があったようですが、決定打となったのは、昨年発生した同省が運営する政府共通の情報システムトラブルの復旧対応でした。トラブルの詳細は述べませんが、通常、大臣賞といった表彰の対象は、これまでにない新たな政策を実現するなど、「ゼロをプラスにする」ような目立った活躍が評価されそうです。

 ところが、この職員は、「マイナスをゼロにする仕事」が評価されました。トラブルの発生時には、職員は不…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1334文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。