くらし高齢化時代の相続税対策

「従業員が第一」末期がん78歳社長を支えた妻の一言

広田龍介 / 税理士

 Kさん(78)は従業員30人のデザイン会社を経営している。精力的に仕事をこなし、人に好かれる性格で、人脈も幅広い。

精密検査でまさかの「ステージ4」

 ワイン党で愛煙家という一面もある。ただし、最近はせき込むこともあり、周囲から「たばこを控えては」と注意され、自分でも本数を減らすなど気にかけていた。

 そんな矢先のことだ。Kさんは健康診断で「肺に異常がある」として精密検査を受けた。判定は「ステージ4の肺がん」。まさかの結果にKさんはあぜんとした。

 ステージ4の肺がんは、他の臓器などにがんが転移した段階で、一般的には「末期がん」と見なされている。…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1478文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。