キャリアを築くヒント

成功する企画書に必要なのに誰もが忘れていること

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 ビジネスパーソンは、企画書や提案書、昇進試験の小論文などさまざまな場面で文書を作る必要があります。ただ、頭の中によいアイデアがあっても、企画書にその概要やメリット、そして熱意をうまくまとめて相手に伝えられなければ、日の目を見ることはありません。上手な文書を作ることは、キャリアアップのためにも大切なことです。今回は、私が文書を作る際に、気をつけていることを紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1357文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。