ギリシャ最大の港湾都市・ピレウスの港近くのマーケット。好天に恵まれるギリシャでは、強い太陽の光を浴びて育ったぶどうやサボテンの実などの果物が人気という=2018年9月6日(写真はいずれも三沢耕平撮影)
ギリシャ最大の港湾都市・ピレウスの港近くのマーケット。好天に恵まれるギリシャでは、強い太陽の光を浴びて育ったぶどうやサボテンの実などの果物が人気という=2018年9月6日(写真はいずれも三沢耕平撮影)

グローバル海外特派員リポート

「夢も希望もない」金融支援が終わったギリシャの現実

三沢耕平 / 欧州総局特派員(ロンドン)

 債務危機に陥ったギリシャに対する欧州連合(EU)の金融支援が8月に終了した。今後は自主再建を目指すが、高い失業率と人口減少に伴う内需の先細りから、その先行きは不安視されたまま。歳出削減で苦しい生活が続く市民からは緊縮財政を求めるEUに対する怒りが広がっている。

 「売れ残った肉はない?」。アテネから南西に12キロ、ギリシャ最大の港湾都市ピレウス。9月上旬、港近くのマーケットを歩くと、精肉店の店員に女性が詰め寄っていた。「生活が苦しくなったせいで皆が物乞いのようになってしまった。我々に緊縮財政を求めるなら、かつてヒトラーが奪ったギリシャの財宝を返せ!」。店主のイオセフさん(80)は語気を荒らげ、寂しげな表情を見せた。

 金融支援が終了した8月20日。EUのトゥスク大統領はツイッターに「ギリシャの皆さん、おめでとう」と…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1453文字)

三沢耕平

三沢耕平

欧州総局特派員(ロンドン)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

知ってトクするモバイルライフ
交付された5G基地局開設の認定書を手に記念撮影に臨む携帯電話各社の社長ら=総務省で2019年4月10日、山下浩一撮影

2020年に始まる超高速「5G」は生活を一変させるか

 総務省は、携帯電話事業者4社に割り当てる5Gの周波数を決定した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、2020年…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ラスベガス・ダウンタウンの老舗カジノホテルのプール。アメリカらしからぬ混雑ぶりが逆に魅力なのか? (写真は筆者撮影)

「ラスベガス」21世紀の米国に残る“昭和感覚”の街

 ◇米国ラスベガス・ダウンタウン編(2) ラスベガス訪問5回目にして初めて訪れたダウンタウン(旧中心市街地)は、米国では他に見たこ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…

メディア万華鏡
 

相次ぐ性犯罪「無罪」判決に欠けた“被害者の心理”

 準強制性交――「新聞の見出しにはとってほしくない」と書いた前々回の記事がアップされた3月11日の翌日、毎日新聞夕刊を見て、ぎょっ…