藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

キュリー夫人やショパンに感じたポーランド人の誇り

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
ワルシャワ旧市街の大道芸人。酔っぱらった通行人が驚いていた(写真は筆者撮影)
ワルシャワ旧市街の大道芸人。酔っぱらった通行人が驚いていた(写真は筆者撮影)

ポーランド・ワルシャワ編(2)

 民主化後では初めて、28年ぶりに訪れたポーランドの首都ワルシャワは、すっかり西欧的な都会になっていた。ロシアによる陰惨な支配の歴史の証人であるツィタデラ(要塞<ようさい>兼監獄)から南に向かい、旧市街の中に入っていくと、ひび一つまで昔通りに再建された端正な街並みが始まる。しばらく歩いた先に、マリー・キュリーの銅像があった。

この記事は有料記事です。

残り2988文字(全文3166文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外105カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。