マンション・住宅最前線

「なかなか下がらない」新築マンション価格の新法則

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新築マンションの価格相場は、この先下がるという予測が多い。果たして、そうなるのだろうか。

外れなしの「不動産相場の法則」

 新築マンション価格は数年前まで上昇と下落を交互に繰り返してきた。値段が上がって買える人が少なくなれば下がる。値下がりが続き、賃貸の家賃よりも低いローン返済で購入できるようになると人気が沸騰し、価格も上昇。その先、高くなりすぎると下がり、また上がる……。そのように上昇・下降を繰り返してきたわけだ。

 底値から上がって、ピークアウトし、下降して、底値に戻るまでの期間は長いときで14~15年、短いとき…

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文1970文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。