キャリアを築くヒント

業務のフローチャートは「汚す」からこそ意味がある

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 職場でキャリアを積んだり、存在感を高めたりするには、与えられた仕事を淡々とこなすだけでなく、会社の改善点や新しい企画を考える必要があります。例えば、上役から「なんでも思うことを聞かせてくれ」などと言われた時、改善すべき点などをずばっと伝えられるのが理想です。

業務の流れを図にする

 そのためにもおすすめしたいのが「業務のモデリング」です。モデリングとはIT業界でよく使われる言葉で、業務の全体像を把握する手法です。代表的な手法は「フローチャート」でしょう。業務の流れを図にします。自分の担当でも担当外でも、気になる業務の流れを最初から最後まで図に落とし込みます。

 フローチャートの一例を紹介します。ネット通販会社で、顧客がウェブサイトから商品を購入し倉庫から出荷…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1397文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。