輸出が日本経済のカギに
輸出が日本経済のカギに

政治・経済熊野英生の「けいざい新発見」

日本経済の活性化には中小企業の「輸出支援」が必要

熊野英生 / 第一生命経済研究所 首席エコノミスト

 日本経済の力量を十分に発揮し切っていない“伸び代”として、中小・中堅企業がある。特に輸出は、開拓できていない状態に近いのではないか。中小・中堅企業がもっと輸出力をつければ、企業収益や雇用、設備投資などを増やせる可能性は高い。

内需は低迷しても外需は堅調

 日本の人口が減少して内需が弱くなっても、海外経済は現在も3%成長している。過去、1980年代から一本調子に伸びてきたのは輸出(正確に言えば輸出入ともに)である。バブル崩壊後、90年代、2000年代、そして08年のリーマン・ショック以降も一貫して、日本経済を引っぱる力として、外需は需要低迷を脱する糸口であった。

 しかし、その外需という成長エンジンにアクセスできたのは、もっぱら「大企業・製造業」であった。17年…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1613文字)

熊野英生

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモの「らくらくスマートフォン ミー」。花の種類を識別する機能を搭載

「スマホなしシニア」3000万人を狙うドコモの秘策

 NTTドコモが富士通コネクテッドテクノロジーズ製(FCNT)の「らくらくスマートフォン ミー」を発売。3月6日からテレビCMも開…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…

ニッポン金融ウラの裏
内閣府=2014年6月11日、根岸基弘撮影

経済の司令塔・内閣府の中長期試算「いまも現実離れ」

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題が国を揺るがしている。信頼すべき国の統計の調査に瑕疵(かし)があり、信ぴょう性が疑…