病気を知る

あなたと家族へ 女性が学ぶがん情報

福島安紀 / 医療ライター

女性のがんの中で最も患者数が多い乳がんは、実に日本人女性の12人に1人がかかる。意外なほど身近な病気だ。この乳がん、そして子宮頸(けい)がん、子宮体がん、卵巣がんといった女性のがんに関する情報は、ネットや書籍等の媒体を問わず、ちまたにあふれているが、実は誤解や思い違いを招くものが少なくない。そんな誤解を解消し、最新の医学的知見に基づいた女性が自分らしく生き抜くために知っておきたい最新情報をお届けする。

連載記事 15件

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

持病ある人の渡航支援は「希望のための処方箋」

 ◇ルーズベルト大統領の過酷な旅 第二次世界大戦末期の1945年2月、クリミア半島のヤルタで首脳会談が開催されます。集まったのは、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖尿病合併症 「米国で減」「日本で増」のなぜ

 米国では、糖尿病合併症の発症率が、1990~2010年の20年間で急速に低下したといいます。米国の研究チームが2014年4月、米…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

ゲームでスマホで…人ごとではないネット依存

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【1】 高3の息子さんがネットに文字通りはまってしまったことに悩む、お母様のお話です。 …

超高齢化時代を生きるヒント

“医師よりも貴重”介護職員をどう増やすか

 「ご両親のこと心配じゃない? いまどちらにいらっしゃるの?」 私は、病院を訪れる30代の営業パーソンによくこう尋ねます。30代に…

無難に生きる方法論
熊本地震を受けて役場に集まった支援物資。特に水は重要だ=熊本県益城町で2016年4月16日

浄水器を動かせる「原始力発電」で災害時も安心

 毎年のように起こる台風や豪雨の被害、数年に1度起こる大きな地震など、日本では災害にどう対応するかが常に問題だ。 大災害の死亡者を…

医をめぐる情景

医師ががんになったら患者の痛みがわかるか

 ◇テレビドラマ「白い巨塔」(2003年) 医師は患者の痛みと気持ちを簡単にはわからない。患者が苦しいと訴えたとき、どれほどその訴…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア