上田諭

上田諭

東京医療学院大学教授

うえだ・さとし 京都府生まれ。関西学院大学社会学部では福祉専攻で精神医学のゼミで学ぶ。卒後、朝日新聞に記者で入社したが、途中から内勤の編集部門に移され「うつうつとした」日々。「人生このままでは終われない」と、もともと胸にくすぶっていた医学への志向から1990年、9年勤めた新聞社を退社し北海道大学医学部に入学(一般入試による選抜)。96年に卒業、東京医科歯科大学精神神経科の研修医に。以後、都立の高齢者専門病院を中心に勤務し、「適切でない高齢者医療」の現状を目の当たりにする。2007年、高齢者のうつ病治療に欠かせない電気けいれん療法の手法を学ぶため、米国デューク大学メディカルセンターで研修し修了。同年から日本医科大学(東京都文京区)精神神経科助教、11年から講師、17年4月より東京医療学院大学保健医療学部教授。北辰病院(埼玉県越谷市)では、「高齢者専門外来」を行っている。著書に、「治さなくてよい認知症」(日本評論社、2014)、「不幸な認知症 幸せな認知症」(マガジンハウス、2014)、訳書に「精神病性うつ病―病態の見立てと治療」(星和書店、2013)、「パルス波ECTハンドブック」(医学書院、2012)など。

専門家・執筆者記事 49件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

インフル治療薬を予防には気軽に使えないわけ

 私が院長を務める太融寺町谷口医院は、一度も受診したことがない患者さんからもメール相談を受け付けています。今回は2019年の2月、…

無難に生きる方法論
 

音楽や読書が女性の認知症リスクを下げるって本当?

 最近、認知症に関して観察期間の長い論文が次々と発表されている。認知症のように慢性的でゆっくり進行する病気の場合、認知症と診断され…

理由を探る認知症ケア
 

「帰る!」と怒り出すSさんが本当に見ていたもの

 ◇Sさんはなぜ早く帰りたがるのか? 元技術者のSさん(89歳)は妻に先立たれて以降、長男の家族と暮らしていました。アルツハイマー…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

やせたい人の運動は「夕方よりも朝がよい」?

 「運動は最高の薬」と言われます。すでに2500年近く前、紀元前400年代の古代ギリシャで、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスは、…

超高齢化時代を生きるヒント
 

「どこで生きるか」を決めるのは医師でなくあなた

「あなたは、もう自宅には帰れません」「自宅退院は無理ですよ。療養型病院に行きましょうね」「母が倒れてしまうので、父を入院させてくだ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア