及川純子

及川純子

手稲渓仁会病院小児科医長/北海道大学大学院客員研究員

おいかわ・じゅんこ 千葉大学医学部卒業。日本赤十字社医療センター、千葉大学医学部付属病院などを経て、2017年4月より手稲渓仁会病院小児科医長。小児科医として勤務する傍ら、アレルギーや感染症に興味を持ち、また予防医学の重要性を感じ、14年から北海道大学大学院で小児感染症や糖尿病に関する疫学研究を行ってきた。17年4月より北海道大学大学院医学研究院・医学院社会医学分野客員研究員。自身も2児の育児中。北海道大学COI「食と健康の達人」拠点で、北海道岩見沢市の妊産婦とその子どもを対象としたコホート研究に携わっている。

専門家・執筆者記事 12件

イチ押しコラム

令和の幸福論
「仙台四郎」が暮らした仙台市の初売りの様子=仙台市青葉区で2021年1月2日、滝沢一誠撮影

「障害者は『福の神』」が物語る真実 多様性という処方箋/下

 「障害を持つ人を大切にすると、商売が繁盛する」。そんな話が古くから伝わっています。その背景には、何があるのでしょうか。野澤和弘さ…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
クリスマスを前に買い物客らでにぎわう一方、オミクロン株の急拡大で経済活動に影響が出ているロンドン中心部=2021年12月21日、横山三加子撮影

新型コロナ 厳しい制限が生む検査拒否と不平等

 欧米諸国を中心に猛威を振るっている新型コロナウイルスのオミクロン株が、日本でも増え始めてきました。オミクロン株は最初に南アフリカ…

漢方ことはじめ
ゆく年とくる年に思いをはせながら灯籠(とうろう)に手を伸ばす=京都市東山区の八坂神社で2013年12月31日、森園道子撮影

「おけらまいり」で疫病退散を願った先人たちの知恵

 今回はお正月らしい話題をひとつ。 私の実家にほど近い八坂神社(京都市東山区)では、例年大みそかの深夜から元日の早朝にかけ、「おけ…

理由を探る認知症ケア
 

食後に“困り顔”でうろうろ歩き回る高齢女性 いったい何に困っていたのか

 夫と死別し、有料老人ホームで暮らし始めたアルツハイマー型認知症の90代女性。ホームでの生活にも慣れてきたころ、夕飯後や就寝前の時…

無難に生きる方法論
 

20年以上引きこもりの人がアルバイトを始めた あきらめない支援こそ

 全国の子どもたちの不登校は深刻さを増しています。その原因はさまざまですが、どんな解決法が考えられるのでしょうか。中には、20年以…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢