大城和恵

大城和恵

北海道大野記念病院医師/国際山岳医

おおしろ・かずえ 1967年長野県生まれ。医学博士、山岳医療修士。日本大学医学部卒業後、循環器内科医として約10年間の付属病院勤務を経て、「山での遭難者を助けたい」という思いを募らせて本格的に山岳医療の勉強を始める。98年、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5895m)に登頂。心臓血管センター大野病院(現・北海道大野記念病院)を拠点に診療を続けるが、09年に退職し渡英。1年をかけて日本人として初めて「UIAA(国際山岳連盟)/ICAR(国際山岳救助協議会)/ISMM(国際登山医学会)認定国際山岳医」の資格を取得した。現在は同病院の循環器内科・内科および登山外来で勤務するかたわら、北海道警察山岳遭難救助隊のアドバイザーも務める。遭難実態を知り、現在遭難しないための医療情報、心臓死の予防、高所登山のアドバイス、ファーストエイド技術の講習会主宰など、山と登山に関する多方面で活躍する。13年には三浦雄一郎さんのエベレスト遠征隊にチームドクターとして参加した。自身もマッキンリー、マッターホルン、マナスル(世界第8位)登頂など海外を含む豊富な登山歴を持つ。

専門家・執筆者記事 16件

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

ゲームでスマホで…人ごとではないネット依存

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【1】 高3の息子さんがネットに文字通りはまってしまったことに悩む、お母様のお話です。 …

超高齢化時代を生きるヒント

“医師よりも貴重”介護職員をどう増やすか

 「ご両親のこと心配じゃない? いまどちらにいらっしゃるの?」 私は、病院を訪れる30代の営業パーソンによくこう尋ねます。30代に…

無難に生きる方法論
熊本地震を受けて役場に集まった支援物資。特に水は重要だ=熊本県益城町で2016年4月16日

浄水器を動かせる「原始力発電」で災害時も安心

 毎年のように起こる台風や豪雨の被害、数年に1度起こる大きな地震など、日本では災害にどう対応するかが常に問題だ。 大災害の死亡者を…

医をめぐる情景

医師ががんになったら患者の痛みがわかるか

 ◇テレビドラマ「白い巨塔」(2003年) 医師は患者の痛みと気持ちを簡単にはわからない。患者が苦しいと訴えたとき、どれほどその訴…

旅と病の歴史地図

意外に過酷な機内環境 血圧低下に注意

 ◇ジョン・レノンとフライトフォビア 飛行恐怖症(フライトフォビア)という病気があります。飛行機で空を飛ぶのが怖いと感じる病気で、…

人類史からひもとく糖質制限食

誰もが知りたい酸化ストレスと老化の関係

 前回は糖化と老化の関係について考えてみました。今回は酸化ストレスと老化の関係について考察してみます。 ◇エネルギー生産が活性酸素…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア