病気を知る

教養としての診断学

津村圭 / 府中病院総合診療センター長

大阪市立大で総合診療医として「謎の症状」の見極めを長年担当してきた医師が、その経験に基づくコラムを執筆。問診を最大の武器として原因の疾患を解き明かしていく様子は、さながら短編ミステリー小説のよう。すべての初診患者を受け入れ、病名をあぶり出す「病気の探偵」のテクニックには、私たちが「病気を知る」ためのヒントがあふれている。患者自身が賢くなるための「教養」をはぐくむ連載。

連載記事 18件

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア