健康に暮らす

旅と病の歴史地図

濱田篤郎 / 東京医科大学特任教授

旅行や仕事で海外に出かける日本人は、毎年1700万人前後。日本とは異なる文化・環境の中で、渡航先ではさまざまな病気の危険が待ち受けている。「トラベルメディスン」は、そのような人々の健康問題を対象にした医学だ。専門家である濱田医師は日々、東京医科大学病院の渡航者医療センター部長として、渡航先に応じた健康相談やワクチン接種、予防薬の処方などを行っている。扱う病気は、感染症、生活習慣病、精神疾患と幅広い。その傍ら、デング熱や新型インフルエンザなど、海外から入り込む危険性がある感染症の対策にも取り組む。渡航する際の注意事項、海外で流行している感染症、病気に関わる歴史や文化の話題まで、トラベルメディスンの第一人者が深く広く語る。

連載記事 22件

イチ押しコラム

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰ります」老健での生活に落ち着きを見せた女性がそう言い出したわけ

 地域の人たちとのつながりを大切にし、自宅に友人を招いてお茶会を楽しんでいた90代の女性のKさん。ある日、庭の手入れをしようとして…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
ハウステンボスで初めて開催された長崎県佐世保市の成人式に参加する新成人たち=同市で2022年1月9日午後1時54分、綿貫洋撮影

新型コロナ 若者は元の生活に戻れるか

 前回のコラム「新型コロナ 厳しい制限が生む検査拒否と不平等」では「新型コロナウイルスの検査を勧めても拒否する人が増えてきている。…

無難に生きる方法論
 

バイアグラが認知症に効果があるって本当?

 勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」が認知症に効果があるかもしれない――。そんな研究成果を米国の研究チームが発表しました。「バイ…

令和の幸福論
「仙台四郎」が暮らした仙台市の初売りの様子=仙台市青葉区で2021年1月2日、滝沢一誠撮影

「障害者は『福の神』」が物語る真実 多様性という処方箋/下

 「障害を持つ人を大切にすると、商売が繁盛する」。そんな話が古くから伝わっています。その背景には、何があるのでしょうか。野澤和弘さ…

漢方ことはじめ
ゆく年とくる年に思いをはせながら灯籠(とうろう)に手を伸ばす=京都市東山区の八坂神社で2013年12月31日、森園道子撮影

「おけらまいり」で疫病退散を願った先人たちの知恵

 今回はお正月らしい話題をひとつ。 私の実家にほど近い八坂神社(京都市東山区)では、例年大みそかの深夜から元日の早朝にかけ、「おけ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢