健康に暮らす

旅と病の歴史地図

濱田篤郎 / 東京医科大学教授

旅行や仕事で海外に出かける日本人は、毎年1700万人前後。日本とは異なる文化・環境の中で、渡航先ではさまざまな病気の危険が待ち受けている。「トラベルメディスン」は、そのような人々の健康問題を対象にした医学だ。専門家である濱田医師は日々、東京医科大学病院の渡航者医療センター部長として、渡航先に応じた健康相談やワクチン接種、予防薬の処方などを行っている。扱う病気は、感染症、生活習慣病、精神疾患と幅広い。その傍ら、デング熱や新型インフルエンザなど、海外から入り込む危険性がある感染症の対策にも取り組む。渡航する際の注意事項、海外で流行している感染症、病気に関わる歴史や文化の話題まで、トラベルメディスンの第一人者が深く広く語る。

連載記事 6件

イチ押しコラム

人類史からひもとく糖質制限食

新たな糖尿病透析患者「日本で倍増」の危機

 前回の「糖尿病合併症 『米国で減』『日本で増』のなぜ」で、米国では糖尿病合併症の対策が成功しており、日本では成功しているとは言え…

旅と病の歴史地図

命つなぐ国際緊急搬送 渡航時の心得は

 ◇空飛ぶ救急車 渡航医学が提供する医療の一つに国際緊急搬送があります。 海外滞在中に病気になってしまった人を、より医療レベルの高…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢の入所者の就寝を手伝う女性介護士

二度と自宅に戻れない“施設介護のジレンマ”

 「○○さん、今度施設への入所を考えていらっしゃるのですね?」 「……え?」 その脇で、○○さんの家族とケアマネジャーさんが、話題…

無難に生きる方法論

「ヘルシー地中海食」を食べるのはお金持ちだけ?

 ヨーロッパでは、肥満や糖尿病、心疾患などの予防のために、お決まりのように野菜中心で肉類の摂取が少ない「地中海食」を勧めている。 …

医をめぐる情景
「こらーる岡山」に密着したドキュメンタリー映画「精神」の1シーン

患者の声に健常者が合わせてこそ合唱できる

 ◇ドキュメンタリー映画「精神」(2008年) 精神科病院の病棟にはいまも、中からは開けられない鍵が常時かけられた病棟がある。それ…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

「報酬は現金」で急速に重症化 ギャンブル依存

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【2】 ギャンブルという言葉からまず何を連想しますか? ルーレット? ポーカー? 競輪や…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア