栗原俊英

栗原俊英

慶應義塾大学特任准教授

くりはら・としひで 2001年に筑波大学医学専門学群卒業後、同年、慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。09年、慶應義塾大学大学院医学研究科修了(医学博士)、09~13年米国スクリプス研究所研究員。帰国後、13年に慶應義塾大学医学部眼科学教室助教、15年に同教室特任講師を経て、17年から同教室特任准教授。網膜硝子体が専門。慶應義塾大学病院で網膜硝子体外科外来、メディカルレチナ外来を担当すると共に、医学部総合医科学研究センター光生物学研究室(栗原研究室)で低酸素環境における網膜の反応、光環境に対する生体反応を中心に研究を展開する。

イチ押しコラム

あきらめない!膝痛・肩痛・腰痛

テニスをしない人にも起こる「テニス肘」

 ◇職業別痛み解消講座・ものをつかんで手を動かす動作が多い人 「テニス肘」や「ゴルフ肘」など、肘の痛みにはスポーツの名前がついたも…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

膀胱炎は“研修医レベル”の治療でOK?!

 ◇膀胱炎の治療・予防の“賢明な選択”【2】 細菌感染による膀胱(ぼうこう)炎は、抗菌薬を用いて治療します。どのような抗菌薬を用い…

人類史からひもとく糖質制限食

誰もが知りたい酸化ストレスと老化の関係

 前回は糖化と老化の関係について考えてみました。今回は酸化ストレスと老化の関係について考察してみます。 ◇エネルギー生産が活性酸素…

超高齢化時代を生きるヒント

明日は我が身 介護で半生を失った女性の生涯

 超高齢社会。何とも活気に乏しく嫌な感じを受ける言葉ですが、「おまえ100まで、わしゃ99まで」が実現した理想郷とも考えられます。…

無難に生きる方法論

中高年のうつとゴルフ衰退の深い関係

 この20年でゴルフ人口は3分の2以下となり、ゴルフの市場規模は半減したらしい。大手スポーツ用品メーカーのナイキも昨年、ゴルフの主…

笑顔をつくる おなかの医学

慢性便秘症 大建中湯で心身ともに快適に

 ◇胃腸の病気と漢方【2】 前回は、大建中湯(だいけんちゅうとう)が慢性便秘症の症状をいかに改善するかについて紹介しました。今回は…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア