健康に暮らす

理由を探る認知症ケア

ペホス / 認知症ケア・コミュニケーション講師

「認知症」に関する情報は巷にあふれているが、社会に「認知症」に関する正しい理解が広まっているとは言いがたい。「認知症」がある人の言動には理由があると言われるが、その理由を探るポイントが分からずに、頭を抱えている人は少なくない。的確に理由を探ることができる観点を知れば、ケアの発想自体が切り替えられる。「認知症ケア」の見方、取り組み方が大きく転換する情報を、全国を駆け回る「認知症ケア・コミュニケーション講師」が解説する。

イチ押しコラム

超高齢化時代を生きるヒント
高齢の入所者の就寝を手伝う女性介護士

二度と自宅に戻れない“施設介護のジレンマ”

 「○○さん、今度施設への入所を考えていらっしゃるのですね?」 「……え?」 その脇で、○○さんの家族とケアマネジャーさんが、話題…

無難に生きる方法論

「ヘルシー地中海食」を食べるのはお金持ちだけ?

 ヨーロッパでは、肥満や糖尿病、心疾患などの予防のために、お決まりのように野菜中心で肉類の摂取が少ない「地中海食」を勧めている。 …

医をめぐる情景
「こらーる岡山」に密着したドキュメンタリー映画「精神」の1シーン

患者の声に健常者が合わせてこそ合唱できる

 ◇ドキュメンタリー映画「精神」(2008年) 精神科病院の病棟にはいまも、中からは開けられない鍵が常時かけられた病棟がある。それ…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

「報酬は現金」で急速に重症化 ギャンブル依存

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【2】 ギャンブルという言葉からまず何を連想しますか? ルーレット? ポーカー? 競輪や…

旅と病の歴史地図

持病ある人の渡航支援は「希望のための処方箋」

 ◇ルーズベルト大統領の過酷な旅 第二次世界大戦末期の1945年2月、クリミア半島のヤルタで首脳会談が開催されます。集まったのは、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖尿病合併症 「米国で減」「日本で増」のなぜ

 米国では、糖尿病合併症の発症率が、1990~2010年の20年間で急速に低下したといいます。米国の研究チームが2014年4月、米…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア