細川モモ

細川モモ

予防医療コンサルタント/一般社団法人ラブテリ代表理事

ほそかわ・もも 10代で両親が末期がん患者になったことから予防医療に関心をもち、以後7年間、サンフランシスコやニューヨーク、ロンドンに通い続け、大学や学会に定期的に参加。2009年春に、日本で“知るべき知識と得るべき機会を普及することで大衆の健康を守る” Pablic Health を普及させるため、医療・健康・食の専門家によるプロフェッショナルチーム「Luvtelli(ラブテリ) Tokyo&NewYork」を日本とニューヨークで発足させ、大学、病院、企業などと共同で研究、論文発表を続けている。特に先進国の中でも日本が深刻な状況を陥っている低出生体重児と不妊症の予防に力を入れ、「卵巣年齢共同研究プロジェクト」「高崎妊婦栄養研究」などの共同研究を実施してきた。14年には三菱地所と共同で東京・丸の内に「まるのうち保健室」をオープンし、「働き女子1000名白書」をまとめる。自費出版の「Luvtelli 基礎栄養学本」「Baby Book ⅠⅡ」は累計35万部を突破。11~15年、ミス・ユニバース・ジャパン・オフィシャルトレーナーとして株式会社タニタとともに取り組んだ「健康美」指導をまとめた著書「タニタとつくる美人の習慣」(講談社)は7万部を突破した。農林水産省「地域食文化活性マニュアル検討委員会」委員。

専門家・執筆者記事 11件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

インフル治療薬を予防には気軽に使えないわけ

 私が院長を務める太融寺町谷口医院は、一度も受診したことがない患者さんからもメール相談を受け付けています。今回は2019年の2月、…

無難に生きる方法論
 

音楽や読書が女性の認知症リスクを下げるって本当?

 最近、認知症に関して観察期間の長い論文が次々と発表されている。認知症のように慢性的でゆっくり進行する病気の場合、認知症と診断され…

理由を探る認知症ケア
 

「帰る!」と怒り出すSさんが本当に見ていたもの

 ◇Sさんはなぜ早く帰りたがるのか? 元技術者のSさん(89歳)は妻に先立たれて以降、長男の家族と暮らしていました。アルツハイマー…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

やせたい人の運動は「夕方よりも朝がよい」?

 「運動は最高の薬」と言われます。すでに2500年近く前、紀元前400年代の古代ギリシャで、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスは、…

超高齢化時代を生きるヒント
 

「どこで生きるか」を決めるのは医師でなくあなた

「あなたは、もう自宅には帰れません」「自宅退院は無理ですよ。療養型病院に行きましょうね」「母が倒れてしまうので、父を入院させてくだ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア