能勢博

能勢博

信州大学教授

のせ・ひろし 1952年生まれ。京都府立医科大学医学部卒業。京都府立医科大学助手、米国イエール大学医学部博士研究員、京都府立医科大学助教授などを経て現在、信州大学学術院医学系教授(疾患予防医科学系専攻・スポーツ医科学講座)。画期的な効果で、これまでのウオーキングの常識を変えたと言われる「インターバル速歩」を提唱。信州大学、松本市、市民が協力する中高年の健康づくり事業「熟年体育大学」などにおいて、約10年間で約6000人以上に運動指導してきた。趣味は登山。長野県の常念岳診療所長などを歴任し、81年には中国・天山山脈の未踏峰・ボゴダ・オーラ峰に医師として同行、自らも登頂した。著書に「いくつになっても自分で歩ける!『筋トレ』ウォーキング」(青春出版社)、「山に登る前に読む本」(講談社)など。

専門家・執筆者記事 22件

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

「依存」と「治療」の見えにくい境界線

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【7】 「薬をやめたいんです」という方が精神科を受診されることが時々あります。たとえば、…

無難に生きる方法論

コレステロールが認知症リスクを下げる?

 コレステロールは健康被害の代名詞のような存在だが、以前から指摘しているように体の重要な構成要素の源であり、多くのホルモン、特に性…

医をめぐる情景
「彼女が目覚めるその日まで」全国ロードショー中/配給KADOKAWA ©2016 On Fire Productions Inc.

統合失調症と誤診された“幻聴とけいれん”の正体

 ◇映画「彼女が目覚めるその日まで」(2016年) 幻覚や妄想、躁(そう)うつなどの症状を、統合失調症に代表される精神病と診断する…

人類史からひもとく糖質制限食

「炭水化物が命を縮める」 衝撃論文の中身とは

 「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という内容の論文(注)が2017年、英医学誌ランセットに掲載されました。一般の人には、衝撃…

旅と病の歴史地図

渡航前のワクチン接種が命を救う

 ◇ブラジルで黄熱流行が拡大 今年に入ってからブラジル南東部で黄熱(黄熱病)の流行が拡大しています。ブラジルでは以前からアマゾン川…

超高齢化時代を生きるヒント
1980年は山口百恵さんと三浦友和さんが結婚した年=毎日グラフ1980年12月7日号から

“生涯未婚者急増”でさらに重要「成年後見」

 前回、法定後見が安易に適用されている実態をお伝えしました(「『成年後見』安易な利用で人権侵害のおそれも」)。しかし、成年後見制度…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア