健康に暮らす

薬草の森をめぐる地球旅 -医学の源流を訪ねて-

鷺森ゆう子 / エスノ・メディカル・ハーバリスト(民族薬用植物研究家)
藤原幸一 / 生物ジャーナリスト/NATURE's PLANET代表

人類が誕生して以来、ほんの数百年前まで、人が暮らすほとんどの地域は都市を除くと文明と無縁であり、西洋医学の病院も医者も存在しなかった。そんな環境で、私たちの祖先は怪我や病気にどう対処してきたのだろう? おそらく自然や神々に祈るとともに、近くの森で手にはいる植物や動物を薬として試し、失敗をくりかえし、役立つ治療法を徐々に見つけていったはずだ。そして今、最新の医療に使われる薬の多くも、昔と同じく森林に潜む動植物から作られている。南極、マダガスカル、ガラパゴスなどで人と自然の関わりを追い続けてきたフォトジャーナリストが、薬草の森という新たなフィールドに挑むルポルタージュ。

連載記事 35件

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

生涯未婚率上昇でこれから増える「親ロス」

 私の男性更年期外来には、50歳前後の働き盛りの男性がたくさんやってくる。そしてその多くが仕事と家庭のダブルのストレスでうつ状態に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分は違う」は要注意…アルコール依存症

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【5】 たった4問ですので、お答えになってみてください。どれも「はい」か「いいえ」の単純…

医をめぐる情景
映画「カッコーの巣の上で」の1シーン

“カッコーの巣”で行われた「電気けいれん療法」

 ◇映画「カッコーの巣の上で」(1975年) 重症うつ病や一部の統合失調症に対する精神科の通常の治療として現在、電気けいれん療法と…

旅と病の歴史地図

昔も今も疫病は旅人が運ぶ

 ◇昨年、マダガスカルでペスト流行 2017年8月、アフリカのマダガスカルでペストの流行が発生しました。この国では毎年、山岳地帯を…

超高齢化時代を生きるヒント

「訪問介護員減少」が首都圏高齢者を直撃する

 「足、痛いんですね、かわいそうに……」--。 つぶやくような声の方を見ると、リウマチで変形した高齢女性の足をいとおしそうにさすり…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質制限でもOKのお酒、カクテルは?

 12月です。忘年会シーズン酣(たけなわ)です。私も、理事長を務める高雄病院、院長を務める江部診療所、テニスクラブ、友人……と精力…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア