健康に暮らす

10歳若返る歩行術 -インターバル速歩-

能勢博 / 信州大学教授

鍵は、「ややきついと感じる運動」をうまく取り入れることだった――。これまでのウオーキングの常識を変えたと言われる「インターバル速歩」を提唱した能勢博・信州大学大学院医学系研究科教授によるコラム。速歩きとゆっくり歩きを一定時間繰り返すだけで、体力向上や生活習慣病、関節痛、うつの改善まで驚きの効果が。反響を巻き起こしたその歩行術について、約10年間で約6000人に運動指導してきたデータなどから科学的に解説していく。

連載記事 20件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
戴帽式で医療への献身を誓う看護学生たち

初心を忘れず、流されないために

 ◇楽曲「卒業写真」(1975年) 医学生も看護学生も医療を目指す者には、医療についての「初心」がある。 「体を治すだけでなく、そ…

旅と病の歴史地図

持病ある人の渡航支援は「希望のための処方箋」

 ◇ルーズベルト大統領の過酷な旅 第二次世界大戦末期の1945年2月、クリミア半島のヤルタで首脳会談が開催されます。集まったのは、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖尿病合併症 「米国で減」「日本で増」のなぜ

 米国では、糖尿病合併症の発症率が、1990~2010年の20年間で急速に低下したといいます。米国の研究チームが2014年4月、米…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

ゲームでスマホで…人ごとではないネット依存

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【1】 高3の息子さんがネットに文字通りはまってしまったことに悩む、お母様のお話です。 …

超高齢化時代を生きるヒント

“医師よりも貴重”介護職員をどう増やすか

 「ご両親のこと心配じゃない? いまどちらにいらっしゃるの?」 私は、病院を訪れる30代の営業パーソンによくこう尋ねます。30代に…

無難に生きる方法論
熊本地震を受けて役場に集まった支援物資。特に水は重要だ=熊本県益城町で2016年4月16日

浄水器を動かせる「原始力発電」で災害時も安心

 毎年のように起こる台風や豪雨の被害、数年に1度起こる大きな地震など、日本では災害にどう対応するかが常に問題だ。 大災害の死亡者を…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア