健康に暮らす

10歳若返る歩行術 -インターバル速歩-

能勢博 / 信州大学教授

鍵は、「ややきついと感じる運動」をうまく取り入れることだった――。これまでのウオーキングの常識を変えたと言われる「インターバル速歩」を提唱した能勢博・信州大学大学院医学系研究科教授によるコラム。速歩きとゆっくり歩きを一定時間繰り返すだけで、体力向上や生活習慣病、関節痛、うつの改善まで驚きの効果が。反響を巻き起こしたその歩行術について、約10年間で約6000人に運動指導してきたデータなどから科学的に解説していく。

連載記事 21件

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

生涯未婚率上昇でこれから増える「親ロス」

 私の男性更年期外来には、50歳前後の働き盛りの男性がたくさんやってくる。そしてその多くが仕事と家庭のダブルのストレスでうつ状態に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分は違う」は要注意…アルコール依存症

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【5】 たった4問ですので、お答えになってみてください。どれも「はい」か「いいえ」の単純…

医をめぐる情景
映画「カッコーの巣の上で」の1シーン

“カッコーの巣”で行われた「電気けいれん療法」

 ◇映画「カッコーの巣の上で」(1975年) 重症うつ病や一部の統合失調症に対する精神科の通常の治療として現在、電気けいれん療法と…

旅と病の歴史地図

昔も今も疫病は旅人が運ぶ

 ◇昨年、マダガスカルでペスト流行 2017年8月、アフリカのマダガスカルでペストの流行が発生しました。この国では毎年、山岳地帯を…

超高齢化時代を生きるヒント

「訪問介護員減少」が首都圏高齢者を直撃する

 「足、痛いんですね、かわいそうに……」--。 つぶやくような声の方を見ると、リウマチで変形した高齢女性の足をいとおしそうにさすり…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質制限でもOKのお酒、カクテルは?

 12月です。忘年会シーズン酣(たけなわ)です。私も、理事長を務める高雄病院、院長を務める江部診療所、テニスクラブ、友人……と精力…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア