健康に暮らす

10歳若返る歩行術 -インターバル速歩-

能勢博 / 信州大学教授

鍵は、「ややきついと感じる運動」をうまく取り入れることだった――。これまでのウオーキングの常識を変えたと言われる「インターバル速歩」を提唱した能勢博・信州大学大学院医学系研究科教授によるコラム。速歩きとゆっくり歩きを一定時間繰り返すだけで、体力向上や生活習慣病、関節痛、うつの改善まで驚きの効果が。反響を巻き起こしたその歩行術について、約10年間で約6000人に運動指導してきたデータなどから科学的に解説していく。

連載記事 21件

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

「敏感で人の気持ちを読みすぎる」子どもたち

 今年3月、「子どもの肩こりとぜんそくは『不登校サイン』かも?」というコラムを書いた。これらの症状を含め、周囲の刺激に過剰に敏感な…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
献血する男性

調査で判明 白血病ウイルスは各地で感染拡大中

 かつては縄文人だけが感染していたという説のある「成人T細胞白血病型ウイルス1型(HTLV-1)」。一時は、母子感染対策が徹底され…

超高齢化時代を生きるヒント
 

社会が想定しなかった「未婚高齢者増加」の衝撃

 「うちの息子はまだ独り身でね、困ってしまって。でもよく面倒を見てくれるから感謝していますよ」 在宅医療をしているとこのような話を…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂を嫌がる」ように見えたNさんの大事な習慣

 ◇お風呂場に行くとなぜか怒り出すNさん アルツハイマー型認知症が少しあるNさん(82歳・女性)は、年齢を重ねて骨がもろくなって圧…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

米高校生を誘惑する「電子たばこ」に危険性の指摘続々

 米国では、電子たばこを吸うことを俗に「ジューリング(Juuling)」とも呼びます。ジュール(Juul)は、ある電子たばこのブラ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア