病気を知る紙面より

乾癬と付き合うには

Q 乾癬と付き合うには

 45歳の息子が帰省したとき、乾癬(かんせん)の症状がひどくなっていました。この病気は完治しないと聞きますが、一生付き合うにはどうしたらいいか教えてください。(大阪府・女性・70代)

A 体質にストレス加わり発症か 高価だが新薬に効果

中川秀己先生(東京慈恵会医科大皮膚科教授)

 乾癬とは、皮膚が赤くなって盛り上がったところに銀白色のかさぶたができ、フケのようにはがれ落ちる病気です。こうした症状は頭や手足など全身に表れ、進行すると数が増えて、互いにくっついて大きくなります。推計によると、日本の患者数は約30万人です。症状によって五つに分類されますが、患者の約90%が「尋常性乾癬」と呼ばれるタイプです。皮膚の症状に加え、関節の痛みや変形などが起こる「関節症性乾癬」も7%にみられます。人には絶対にうつりません。

 皮膚は一定のサイクルで生まれ変わりますが、乾癬になると、皮膚表面の細胞の増殖にブレーキがかからず生…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1474文字)

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア