大人のためのスキンケア講座

本当に「お肌が曲がり」始める40代、乾燥やホルモン低下に注意

角田美英・かくた皮膚科クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 20代、30代と年齢を重ねるにつれて表れてくる肌の変化。ホルモンバランスや栄養バランスの乱れなどの要因が「若さ真っ盛り」の10代とは異なる肌トラブルを生むようです。では40代以降、「加齢」という現実がより強く感じられる年代になると、肌はどのように変化するのでしょう−−。

女性は安定期を経て、更年期特有の変化へ

 連載第1回では、20〜30代の肌トラブルを紹介しました。これが40代以降になると肌はまた違った状態になってくるのです。意外かもしれませんが、女性の肌は40代に入る頃が最も安定し、トラブルが少ない時期で、大人ニキビの悩みを訴える方も減ってきます。

 しかし、やれやれ、と思う間もなく、40代後半、更年期に近づくにつれ、今度は肌の乾燥という新たな悩み…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1895文字)

角田美英

かくた皮膚科クリニック院長

かくた・みえ 東京都出身。1988年東京医科歯科大卒業。当初は内科医局に入局するが、皮膚科への転身を決意し、92年順天堂大皮膚科学教室入局。先天性表皮水疱症という難病の研究を行う一方、皮膚科全般の研さんを積んだ。美容皮膚科の専門クリニックで一般皮膚科とは異なる体系の技術、知識を学んだ後、09年に開業。特にニキビ治療と育毛治療の経験が豊富で、医師対象のセミナー等で講師を務めることも多い。美容皮膚科については科学的エビデンス(根拠)があり、効果が実証されている方法のみ取り入れている。かくた皮膚科クリニックウェブサイト