病気を知る新・真健康論

細胞養い活力生む血液循環

當瀬規嗣 / 札幌医科大学教授

 全身を血液が流れるのは生きている証しです。本当に体の中を血液が流れているさまを見たことがある人は、ほとんどいないはずです。ところが、「血液が全身をめぐると、体に活力が湧き、元気がみなぎる」と表現すると、誰もが同感すると思います。これは、どういう理屈なのか考えてみました。

 心臓が止まると人は死んでしまいますが、これは心臓が止まったことにより血液の流れが止まってしまうためです。死んだ人から血液が消えてなくなるのではありません。死んだ人の血管の中は、やはり血液で満たされています。しかし、流れていない血液は何の役にも立たないというわけです。血液は流れることで、初めて役割を果たすのです。血液の役割とは、何でしょうか。それはズバリ「運搬」です。

 血液は肺に吸い込まれた酸素を全身に運びます。同時に、全身の細胞から生じる二酸化炭素を肺へ運び、呼気…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1394文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
當瀬規嗣

當瀬規嗣

札幌医科大学教授

とうせ・のりつぐ 1984年北海道大医学部卒、88年北海道大学大学院修了、医学博士。北海道大医学部助手、札幌医科大医学部助教授、米シンシナティ大助教授を経て、98年札幌医科大医学部教授(細胞生理学講座)に就任。2006~10年、同医学部長。医学部長就任時は47歳。全国に医学部は国公私立合わせて80あるが、最年少の学部長。「40代は驚きで、加速し始めた医学部改革の象徴」と話題になった。専門は生理学・薬理学で、心拍動開始の起源を探求している。

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で初戦のコロンビア戦に勝利し、喜び合う日本の選手たち=ロシア・サランスクで2018年6月19日、長谷川直亮撮影

サッカーW杯 ロシアで観戦ならダニと麻疹に注意

 ロシアでサッカー・ワールドカップ(W杯)が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられています。ロシアはユーラシア大陸にまたがる広大な国です…

無難に生きる方法論

見過ごすと危険 妻の無言は「怖い最後通告」

 前回、夫の上から目線の言動で妻に更年期のような症状が起きる「夫源病」についてお伝えした(「更年期迎えた妻の最大ストレスは『夫』と…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

自己愛性パーソナリティー障害から出る危険なうそ

 ◇うそつきは病気か【2】 自分を実際よりよく見せるためのうそは誰でも多少はつきますが、自己愛性パーソナリティー障害の人は、とても…

人類史からひもとく糖質制限食

「大量飲酒+喫煙指数20以上」で食道がんリスク増大

 今回は、「酒」と「たばこ」と「食道がん」のお話です。この三つの関係について、興味深い研究結果を見つけたのでご紹介しましょう。糖質…

医をめぐる情景
主演の杉村春子さん(左)と、新藤兼人監督の妻で共演の乙羽信子さん(右)

「午後の遺言状」新藤兼人監督が描いた“老い”

 ◇映画「午後の遺言状」(1995年) 久しぶりに会った親友が認知症になっていて、あなたのことがわからなくなっていたら、あなたはど…

超高齢化時代を生きるヒント
健康福祉センターの食事会に集まった地域の高齢の人たち

大切な人のため「胃瘻で生きる」愛もある

 これまで、高齢化の話や成年後見のこと、介護サービスのことをいろいろ書いてきました。今回は、みなさんの将来に必ず起きることについて…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア