病気を知る笑顔をつくる おなかの医学

ありふれた症状の新しい病気「機能性ディスペプシア」

尾高健夫 / 尾高内科・胃腸クリニック院長

 近年になって新しく概念が確立したおなかの病気の一つに「機能性ディスペプシア」があります。正式な名称が「Functional Dyspepsia」なので、頭文字をとって「FD」と呼ばれます。年代は30〜50代の比較的若い成人が中心で、男性より女性、途上国より先進国に多い病気です。

症状は4人に1人が月2回以上経験

 ディスペプシアとはあまりなじみのない言葉でしょう。これは、みぞおちの痛み、胃もたれ、吐き気など、胃・十二指腸の消化機能が低下しているように感じる症状を総称した医学用語で、日本人の4人に1人が月2回以上は感じているといわれます。「消化不良」と和訳している辞書もあります。つまり、ありふれた症状なのですが、こうした症状があると食べることを楽しめなくなり、QOL(生活の質)が低下してしまいます。

 ディスペプシア症状は胃炎でも胃潰瘍でも起こります。しかし、FDと診断するのは▽6カ月以上前から断続…

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1976文字)

尾高健夫

尾高健夫

尾高内科・胃腸クリニック院長

おだか・たけお 1989年島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業後、千葉大学医学部第1内科(現・消化器・腎臓内科学)入局。千葉県立東金病院内科医長、東邦大学医療センター佐倉病院内視鏡治療センター講師、おゆみのクリニック(千葉市)消化器科部長などを経て、2014年千葉市内に尾高内科・胃腸クリニックを開設。長く消化器疾患と内視鏡検査の専門医として診療にあたり、特に胃腸疾患では内視鏡による早期がんの診断と治療、ヘリコバクター・ピロリの除菌治療、胃食道逆流症、便秘・下痢症など幅広い疾患を対象に治療と研究を行ってきた。モットーは「人として優しく、医者として明るい医療」。科学的エビデンス(証拠)と自身の経験による知識をバランスよく、わかりやすい言葉で患者に伝えることに心を砕いている。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

無難に生きる方法論
名古屋大に合格し胴上げされる受験生=名古屋市千種区で2019年3月9日、大西岳彦撮影

不登校の子から医師に届いた「桜咲く」の知らせ

 不登校の子どもの世話をしていると、毎年3月はうれしい知らせが届く。中学や高校で不登校になった子どもたちが何とか学業を維持し、一番…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア