心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影
心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影

保険医療の役割を再認識

 医療に関する報道は医師であれば誰でも気になりますが、最近の外科分野での医療過誤が続けて報じられていることは、同じ外科医として心を痛めるものがあります。大学病院勤務という意味でも対岸の火事ではすまされず、より一層医療安全を深める必要があると感じています。

 全ての患者の方には適正な医療を受け、病気を克服して健康を回復する権利がありますが、希望とは裏腹に思わしくない結果となる状況が少ないながらもあることも事実です。緊急であってもなくても、患者本人とその家族に、計画した医療行為の必要性と、それに代わる治療との比較、さらに合併症の可能性と対策方法について説明を尽くし、同意を得た上で治療を開始するインフォームドコンセントが重要であることが、ことさら明らかになりました。

 最近は、最先端の医療技術の知識を誰でも簡単に手に入れることができるため、患者の方やその家族が先端的…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1192文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

天野篤

天野篤

順天堂医院院長/順天堂大学教授

あまの・あつし 1955年生まれ。埼玉県出身。83年日本大医学部卒。亀田総合病院、新東京病院などを経て、2002年7月から順天堂大学教授、16年4月から順天堂大学医学部付属順天堂医院院長。12年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことで知られる。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

「妊婦も医師も両方応援」新しい制度を作れるか

 妊婦の外来診察時に上乗せされる診療報酬の「妊婦加算」について、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)が昨年12月…

超高齢化時代を生きるヒント
ノーベル医学生理学賞受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授(左から2人目)。オプジーボへの関心も広がった=京都市左京区で2018年10月1日

がん患者の最後の時間を奪う「悪質免疫療法」

 私があるご家族から相談を受けたのは、講演会が終わってすぐのこと。70代と思われるご婦人が声をかけてきて、こう言いました。「息子が…

旅と病の歴史地図
衆院法務委員会での外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の採決に対し、葉梨康弘委員長(中央)に詰め寄り阻止しようとする野党議員たち。右端は与党議員たちに賛成起立を促す自民党議員=国会内で2018年11月27日、川田雅浩撮影

外国人労働者増加時代に必要な“新感染症政策”とは

 マラリアは世界の熱帯や亜熱帯地域で流行している熱病です。病原体を持った蚊(ハマダラカ)に刺されると感染し、高熱、寒気、頭痛などの…

医をめぐる情景
 

巨人&小人化の幻覚「不思議の国のアリス症候群」

 ◇小説(童話)「不思議の国のアリス」(1865年) 白ウサギの後を追ってとんでもなく深い穴に落ちた少女アリスは、奇妙で不思議な冒…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア