南大東島の青空に浮かぶ「おり」、その中には人が……。連載第1回で、クレーンにつり下げられて海に下ろされる漁船の写真を紹介しましたが、定期便で島についた観光客も、同じようにして陸に上陸します=筆者提供
南大東島の青空に浮かぶ「おり」、その中には人が……。連載第1回で、クレーンにつり下げられて海に下ろされる漁船の写真を紹介しましたが、定期便で島についた観光客も、同じようにして陸に上陸します=筆者提供

 先日、島で一人のご高齢の女性が天寿を全うされ、自宅で最期を迎えられました。素晴らしい最期でした。私が赴任した当初からたくさんの持病があったのですが、元気に通院され、私自身強い思い入れのある患者さんでした。90歳をゆうに超えているにもかかわらず、背筋がシャキッとして毎回外来でたくさんの笑顔をいただきました。たくさんの家族に支えられながら、自分の家でゆっくりと生活され、最後は、娘さんに髪を洗ってもらいながら、眠るように亡くなりました。私にとって一生忘れられない経験になりました。

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1847文字)

太田龍一

太田龍一

沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長

おおた・りゅういち 大阪府出身。2004年大阪市立大学医学部入学。同大学卒業後、10年から沖縄県立中部病院プライマリケアコースで研修。13年から現職。人口約1400人の南大東島で唯一の医師として、島民の日常的な健康管理から救急医療までを一手に担う。趣味は読書とランニング。毎年秋に開かれる島の運動会、駅伝大会への参加を目指し、鋭意トレーニング中。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア