病気を知る認知症110番

見えないものが見える--発言を認めつつ関心そらして

認知症予防財団

 父(76)は、脳梗塞(こうそく)の後遺症で介護が必要な母(73)=要介護度3=と暮らし、長女の私は同じマンションの別の階に住んでいます。母の介護は父が中心になって行い、在宅介護サービスを利用しています。私は、買い物や話し相手をするようにしています。最近、父は介護疲れなのか、なにも存在しないのに「ほら、猫がそこにいるから気をつけてね」「子供が3人も遊びに来ているからお菓子を出してね」などと言うのです。「どこにいるの」と聞くと指をさすのですが、その先には何もいません。最初のうちは、何か勘違いをしているのだなと思っていたのですが度重なり、何かおかしいと思います。私のように、毎日顔を合わせていると変化に気づかないのかもしれませんが、時々来る妹は「父の顔に表情がなくなった」といいます。物忘れも目立ってきました。これからのことを考えると不安です=神奈川県・娘(49)

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1804文字)

認知症予防財団

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
元気に体操をする高齢者

「元気なうちの意思表示」で不要な身体拘束を避ける

 介護施設での虐待や拘束が大きな問題となっている。職員による暴力などの虐待はもちろんあってはならないことだが、身体拘束については、…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢になった時だれが介護をしてくれるのか

「家族介護はいつか破綻」在宅医が見たつらい現実

 私が在宅医療を始めた30年近く前、千葉県の南房総地方では、多くの患者さんは家族に愛され、家族は「私がこの人を見てあげるんだ」とい…

医をめぐる情景

夏の恋への不安を歌った「胸騒ぎの腰つき」

楽曲「勝手にシンドバッド」(1978年)  湘南を舞台に恋を歌った歌詞、にぎやかで明るいサウンド。サザンオールスターズを一躍有名に…

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア