健康に暮らすつまみ食い栄養学

伝統食品で理想の腸内環境を

川端輝江 / 女子栄養大学教授

 大腸の中には、たくさんの腸内細菌がすみついています。実に1000種類以上、総重量は1〜1.5kgというから驚きです。

 私たちが食べて消化吸収されなかった食品成分を、腸内細菌はエネルギーとして利用します。腸内にはいろいろな菌がいますが、中でも人にとって有用な「善玉菌」である乳酸菌やビフィズス菌は、食品成分を利用して乳酸や酢酸を産生します。このような働きで腸内環境は酸性状態となり、好ましくない「悪玉菌」の増殖を抑えるとともに、便秘や下痢を改善し、感染症や大腸がんに対する免疫機能を高めるのです。

 そこで、健康のために、腸内細菌の好むえさの供給や、時には善玉菌そのものの補充が必要になってきます。…

川端輝江

川端輝江

女子栄養大学教授

かわばた・てるえ 女子栄養大学栄養学部基礎栄養学研究室教授

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア