病気を知るがんと言われたらQ&A

効果不明な従来方法と一線を画す「免疫チェックポイント阻害療法」

竹本和代 / 医療ライター
三嶋秀行 / 愛知医科大学教授

最近、今までとはまったく違う新しい「免疫療法」が登場したそうですが。

 がんの免疫療法は健康保険も利かないし、民間療法のようなものだとずっと思っていました。ところが、最近、急に進歩していると聞き、気になり始めました。現在の免疫療法について教えてください。(70歳、男性)

長年「期待の次世代治療法」だったが……

 がん治療のなかで免疫療法は、手術、抗がん剤、放射線の3大療法に続く「第四の治療法」と言われています。免疫療法は、免疫の働きを利用してがんをやっつけようという治療法の総称で、何十年も前から具体的な方法がたくさん開発され、試験も行われてきました。しかし、なかなか十分な成果をあげることができず、ずっと“期待される次世代の治療法”のままでした。

 それが、この数年で急激に変わりました。明らかな治療効果が示されたデータが相次いで発表されたり、従来…

この記事は有料記事です。

残り2611文字(全文2984文字)

竹本和代

竹本和代

医療ライター

たけもと・かずよ 共立女子大学文芸学部卒。PR会社勤務を経て1990年フリーランスライターに。医療・ヘルスケア領域の話題を中心に、主に雑誌、医療系ムックで取材・執筆活動を行う。興味のあるテーマはがん医療、QOL疾患、目・耳などの感覚器障害、東洋医学。

三嶋秀行

三嶋秀行

愛知医科大学教授

みしま・ひでゆき 1984年大阪大学卒業。同第2外科入局。箕面市立病院、国立大阪病院(現・国立病院機構大阪医療センター)外科医長、外来化学療法室長、臨床腫瘍科長などを経て、2012年に愛知医科大学教授。現在、同大学病院臨床腫瘍センター、臨床研究支援センター部長。専門は消化器がんの化学療法と診療相談で、新薬の国際共同治験や多施設共同臨床研究への参加実績も多い。また市民向けの講演活動も多数行っており、大阪弁でのわかりやすい語り口にはファンも多い。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

真菌マラセチア増殖が起こす「脂漏性皮膚炎」

 「これからは、どんなに疲れていても寝る前には必ずシャワーを浴びてください。起床時や帰宅後すぐにもシャワーを浴びるべきですが、寝る…

無難に生きる方法論

「楽天家はインフルエンザにならない」は本当?

 前回、インフルエンザの予防とその費用をどう負担するかをみなさんと一緒に考えた。最善の処置をとってもインフルエンザ感染を完全には防…

理由を探る認知症ケア
 

みんなで一生懸命考えた「歯ブラシをかむ理由」

 ◇歯ブラシをかんでしまうKさん 長女夫婦と同居していたKさん(60代、女性)が、こたつの敷布団に足をひっかけて転び、太ももの骨を…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
全国から揚げ物が集まる「あげあげサミット」。日本人も揚げ物は大好きだ=滋賀県湖南市で2016年9月3日

「週1回フライドチキン」が死亡リスクを高める?

 コロッケにフライドチキン、トンカツに天ぷら。油のいいにおいがして、ジューシーで熱々の揚げ物がお好きな方は多いでしょう。でもご用心…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア