新・真健康論

心臓の病気が簡単に分かる心電図

當瀬規嗣・札幌医科大学教授
  • 文字
  • 印刷

 職場の健康診断や人間ドックで、心電図検査を受けた人が多いと思います。上半身を裸にされて横になり、なんだかたくさんのコードが付いた電極を手足や胸に付けられる。そして静かにあおむけでいると、「はい、終わりました」と声をかけられます。何が何だかわからないうちに、あっけなく検査が終了です。痛くもなければ、かゆくもない! いったい何を検査したのか……。

 心電図は、心臓の様子を探るための検査です。ご存じのように心臓は常に、「ドキッ、ドキッ」と拍動を続け…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1344文字)

當瀬規嗣

札幌医科大学教授

とうせ・のりつぐ 1984年北海道大医学部卒、88年北海道大学大学院修了、医学博士。北海道大医学部助手、札幌医科大医学部助教授、米シンシナティ大助教授を経て、98年札幌医科大医学部教授(細胞生理学講座)に就任。2006~10年、同医学部長。医学部長就任時は47歳。全国に医学部は国公私立合わせて80あるが、最年少の学部長。「40代は驚きで、加速し始めた医学部改革の象徴」と話題になった。専門は生理学・薬理学で、心拍動開始の起源を探求している。