病気を知るあなたと家族へ 女性が学ぶがん情報

合併症や変形のリスクも?! 失ったふくらみを取り戻す乳房再建

福島安紀 / 医療ライター

 乳がんの手術で失った胸のふくらみを取り戻す乳房再建。人工乳房(インプラント)を使った方法が2013年に保険適用になって以来、再建が受けやすくなった。ところが、不慣れな医療機関にも乳房再建が急速に広がったためにトラブルも起きている。「これからの乳房再建BOOK」(主婦の友インフォス情報社)などの著書があるブレストサージャリークリニック(東京都港区)院長の岩平佳子さんに、その現状と再建を受ける医療機関の選び方を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2442文字)

福島安紀

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。著書に「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)、「病気でムダなお金を使わない本」(WAVE出版)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。

イチ押しコラム

医をめぐる情景
 

巨人&小人化の幻覚「不思議の国のアリス症候群」

 ◇小説(童話)「不思議の国のアリス」(1865年) 白ウサギの後を追ってとんでもなく深い穴に落ちた少女アリスは、奇妙で不思議な冒…

無難に生きる方法論
白い息を吐きながら通勤する人たち

「寒い冬こそダイエット!」なぜ効果的なのか

 肥満でダイエットをがんばっている患者さんがいる。寒くなってきたのに、半袖Tシャツと半ズボンといういで立ちで診察に来る。本人は夏も…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢になった時だれが介護をしてくれるのか

「家族介護はいつか破綻」在宅医が見たつらい現実

 私が在宅医療を始めた30年近く前、千葉県の南房総地方では、多くの患者さんは家族に愛され、家族は「私がこの人を見てあげるんだ」とい…

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア