患者から学ぶ患者の気持ち

胃がん宣告そして 大阪府河内長野市・男性(無職・72歳)

読者投稿

 年の暮れも迫った12月21日、大学病院で胃の内視鏡検査を受けた。内視鏡担当、内科担当の先生から画像写真を指さしながら「これは初期の胃がんです」とあっさりスッキリ宣告された。家内の顔は青ざめ、私は何が何だか分からずぼうぜん自失。

 かろうじて先生にお聞きできたのは「どのくらいの大きさですか?」。先生は「2cmぐらいですが初期なので手術をすれば除去できます」。そして「年末のことでもあり細胞検査結果は来年の1月8日には分かります」と。私の母も喉頭がんで早世しており、「万一がんを宣告されたら、好きな釣りかゴルフ三昧で余命…

読者投稿

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

無難に生きる方法論
名古屋大に合格し胴上げされる受験生=名古屋市千種区で2019年3月9日、大西岳彦撮影

不登校の子から医師に届いた「桜咲く」の知らせ

 不登校の子どもの世話をしていると、毎年3月はうれしい知らせが届く。中学や高校で不登校になった子どもたちが何とか学業を維持し、一番…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア