病気を知る大人のためのスキンケア講座

早期の適切な診断、治療が欠かせない脱毛症

角田美英 / かくた皮膚科クリニック院長

気になる脱毛症の対処法【4】

 脱毛症の最終回では「円形脱毛症」をはじめとした、保険治療の対象となるものについて紹介します。治りにくいものもあり、兆候に気づいたらできるだけ早く医療機関を受診する必要があります。

円形脱毛症には血流促進の薬やステロイド剤

 病的な脱毛症でよく知られているものに円形脱毛症があります。頭の毛が円形、または似た形に突然、抜けてしまうものです。原因は特定できていないものの、免疫異常によるとの説が有力です。自分の髪の毛を異物と認識し、これを排除してしまう機序が働いて脱毛症が起こると考えられています。脱毛の範囲が少なければ自然に治るケースも多い一方、複数の場所に起こっていたり、全頭が脱毛してしまったりというタイプは難治性のものが多く、積極的な治療が必要です。

 治療では血流をよくする塩化カルプロニウム液や炎症を抑えるステロイド剤の外用薬、内服薬などがよく使わ…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1386文字)

角田美英

角田美英

かくた皮膚科クリニック院長

かくた・みえ 東京都出身。1988年東京医科歯科大卒業。当初は内科医局に入局するが、皮膚科への転身を決意し、92年順天堂大皮膚科学教室入局。先天性表皮水疱症という難病の研究を行う一方、皮膚科全般の研さんを積んだ。美容皮膚科の専門クリニックで一般皮膚科とは異なる体系の技術、知識を学んだ後、09年に開業。特にニキビ治療と育毛治療の経験が豊富で、医師対象のセミナー等で講師を務めることも多い。美容皮膚科については科学的エビデンス(根拠)があり、効果が実証されている方法のみ取り入れている。かくた皮膚科クリニックウェブサイト

イチ押しコラム

医をめぐる情景
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の1シーン。主演の浅野忠信さんと永作博美さん

アルコール依存と闘った戦場カメラマンとその妻

 ◇映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(2010年) アルコールに溺れ、肝臓を悪くして吐血で何度も入院している戦場カメラマンは…

無難に生きる方法論
不正入試に関する記者会見で陳謝する東京医科大の行岡哲男常務理事(左)と宮沢啓介学長職務代理=東京都内のホテルで2018年8月7日、長谷川直亮撮影

東京医科大だけじゃない?医療現場の“女性外し”

 東京医大を文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」対象校に選ぶ見返りに、息子を裏口入学させてもらったとして、同省の前科学技…

人類史からひもとく糖質制限食

スーパー糖質制限食とケトン食の違い、そして役割

 本連載ではこれまで、スーパー糖質制限食、スタンダード糖質制限食、プチ糖質制限食や、究極の糖質制限食としてのケトン食を紹介してきま…

旅と病の歴史地図
夏休みの旅行客で混み合う関西国際空港の国際線出発ロビー=2017年8月10日

夏休み海外旅行 子どもは何歳から連れていける?

 夏休みに海外旅行を計画している方も多いかと思います。友達同士で旅行するのも楽しいものですが、ご家族で行くのもお互いの絆を深める良…

Dr.林のこころと脳と病と健康

SNSがうその温床 演技性パーソナリティー障害

 ◇うそつきは病気か【4】 虚言と関係の深いパーソナリティー障害の一つに、「演技性パーソナリティー障害」があります。名前の通り、「…

超高齢化時代を生きるヒント
団塊ジュニアが就活をした2000年前後は、過去もっとも厳しい就職氷河期と言われた=2000年12月撮影

「ノボルとヨーコ」団塊ジュニア夫婦が迎える“2060年の現実”

 団塊ジュニア世代は昭和の高度成長期に生まれ、バブル崩壊後の大変動の時代を懸命に生きています。その彼らが高齢期を迎える2060年ご…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア