健康に暮らす医療・健康Tips

ひざの不調を防ぐため太ももを鍛えよう

 ひざの不調を抱えている中高年は1000万人以上ともいわれます。痛みや動きにくさなどの症状の改善・予防には、太ももの筋肉を鍛えることや、関節の柔らかさを保つことが不可欠。毎日20〜30分の自宅でできる筋トレと柔軟運動を実践しましょう。

 体重を支え、曲げる・伸ばす・ひねる・保持するなど、日常の動作に必要な脚の動きをコントロールするひざには常に負担がかかっています。ひざの関節はいろいろな動作をスムーズに行うために、大腿(だいたい)骨、脛(けい)骨、腓(ひ)骨、膝蓋(しつがい)骨(お皿)、半月板、靭帯(じんたい)、軟骨、関節包、関節液など多くの部位が集まって形成されています。

 加齢とともにひざ関節の軟骨がすり減ったり、柔軟性がなくなったり、強度が低下したりしてきます。けがな…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1240文字)

イチ押しコラム

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
さまざまな情報が氾濫するインターネットの世界

ワクチンへの「否定」も「理解」も生んだネット情報

 かつて日本でも猛威を振るった天然痘の根絶宣言が世界保健機関(WHO)により発表されたのは1980年。死に至る病であったこの感染症…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア