地震の発生から3週間が過ぎても、倒壊した家屋のがれきは多くがそのままとなっている=熊本県益城町で2016年5月8日、幾島健太郎撮影
地震の発生から3週間が過ぎても、倒壊した家屋のがれきは多くがそのままとなっている=熊本県益城町で2016年5月8日、幾島健太郎撮影

特集・ニュース医療プレミア特集

熊本地震 被災者の心のケア「違う自分」感じたら相談を

吉永磨美 / 毎日新聞 医療プレミア編集部

 4月14日の熊本地震発生から1カ月あまり。熊本県内では5月18日現在、約1万人が24市町村にある避難所226カ所で避難生活を続けている。被災地には、全国の自治体から、被災者の心のケアを担う専門医らで構成する「災害派遣精神医療チーム(DPAT)」が発生直後からおもむき、活動を開始しているが、診察した医師からは、ストレスやそこから来る不眠などの症状を抱える被災者の多さが指摘されている。東日本大震災の被災者に対し、メンタルヘルスについて支援活動を続けている千葉県精神科医療センターの山中浩嗣医師に、被災地でのメンタルケアのあり方を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2385文字(全文2654文字)

吉永磨美

吉永磨美

毎日新聞 医療プレミア編集部

よしなが・まみ 1972年生まれ。98年に毎日新聞社入社。横浜支局、東京本社地方部、社会部、生活報道部などを経て、2016年4月から現編集部。近年は「おんなのしんぶん」や連載「ガラスの天井」を担当しながら、女性や難聴など見えない障害をテーマに記事を執筆してきた。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア