病気を知る大人のためのスキンケア講座

アトピーの目に見えない炎症を抑えるプロアクティブ療法

角田美英 / かくた皮膚科クリニック院長

アトピー性皮膚炎を悪化させない最新予防策【前編】

 アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりを繰り返す皮膚病です。外用薬により症状は比較的、早く治まる一方、いかに再発を抑えるかが課題になります。そこで再発を予防する最新の治療法や効果的なスキンケア法などについて3回にわたって紹介します。

適切な治療でコントロール可能

 アトピー性皮膚炎はかゆみの強い慢性の湿疹が、増悪や軽快を繰り返します。アレルギーを起こしやすい体質、皮膚のバリアー機能(皮膚の一番外側にある角層が皮膚を保護したり、水分を保ったりする機能)が生まれつき弱いこと、など複数の要因が重なり合って起こると考えられています。

 アトピー性皮膚炎は、現代医学では完治が難しいのは事実です。しかし、適切な治療によって症状をコントロ…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2173文字)

角田美英

角田美英

かくた皮膚科クリニック院長

かくた・みえ 東京都出身。1988年東京医科歯科大卒業。当初は内科医局に入局するが、皮膚科への転身を決意し、92年順天堂大皮膚科学教室入局。先天性表皮水疱症という難病の研究を行う一方、皮膚科全般の研さんを積んだ。美容皮膚科の専門クリニックで一般皮膚科とは異なる体系の技術、知識を学んだ後、09年に開業。特にニキビ治療と育毛治療の経験が豊富で、医師対象のセミナー等で講師を務めることも多い。美容皮膚科については科学的エビデンス(根拠)があり、効果が実証されている方法のみ取り入れている。かくた皮膚科クリニックウェブサイト

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア