特集・ニュース医療プレミア特集

心の痛みを“聴いて”がんを癒やす

西田佐保子 / 毎日新聞 デジタルメディア局

精神腫瘍医 心を治すがん専門医【前編】

 ある日突然がん告知を受け、頭の中が真っ白になる--。そんな状態のがん患者や家族の心のケアを専門的に担う医師が「精神腫瘍医」だ。その機能と実情について、数千人のがん患者、家族と向かい合ってきた精神腫瘍医、大西秀樹・埼玉医科大学国際医療センター教授に聞いた。

身近な疾患「がん」は心もむしばむ

 がん患者さんは年々増加しています。国立がん研究センターがん対策情報センターによると、2012年に新たにがんに罹患(りかん)したのは約86万5000人、15年には約98万人になると推計されています。一生涯にがんにかかる確率は男性で60%、女性45%。身近な疾患ではあるものの依然「がん=死」のイメージは色濃く、自分が、家族が、がんと診断、告知された時、ほとんど誰もが大きなショックを受けます。

 12年6月に制定された国の「がん対策推進基本計画」は、がんによる痛みやつらさをやわらげる「緩和ケア…

この記事は有料記事です。

残り1854文字(全文2263文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
西田佐保子

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

更年期迎えた妻の最大ストレスは「夫」という現実

 有名なタレントさんや雑誌のコラムで「私の症状は夫源病だ!」という話を聞いたり読んだりすることが増えた。実際、医学的に「夫源病」と…

旅と病の歴史地図
麻疹の流行が報じられ、東京都内のクリニックでワクチン接種を受ける男性

麻疹ワクチン接種 「本当に必要な世代」に

 3月中旬、沖縄県で始まった麻疹(はしか)の流行は愛知県など全国に拡大し、国立感染症研究所によると、患者数は5月13日までに149…

医をめぐる情景
主演の杉村春子さん(左)と、新藤兼人監督の妻で共演の乙羽信子さん(右)

「午後の遺言状」新藤兼人監督が描いた“老い”

 ◇映画「午後の遺言状」(1995年) 久しぶりに会った親友が認知症になっていて、あなたのことがわからなくなっていたら、あなたはど…

Dr.林のこころと脳と病と健康

普通では考えられないうそをつく人たち

 ◇うそつきは病気か【1】 人は誰でもうそをつきますが、「虚言癖」「病的うそつき」という言葉があるように、ちょっと普通では考えられ…

人類史からひもとく糖質制限食

人類は「穀物が主食」に適応できていない

 現代は穀物が人類の主食になっています。皆、それを当たり前に思い、何の疑問も持っていません。しかし、農耕が始まる前の人類の主食が穀…

超高齢化時代を生きるヒント
健康福祉センターの食事会に集まった地域の高齢の人たち

大切な人のため「胃瘻で生きる」愛もある

 これまで、高齢化の話や成年後見のこと、介護サービスのことをいろいろ書いてきました。今回は、みなさんの将来に必ず起きることについて…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア