健康に暮らすボストン発 ウェルエイジング実践術

ワインとビールどちらが健康的?

大西睦子 / 内科医

 「酒は百薬の長」「酒は毒水」「適量の飲酒は体に良い」「ワインはビールより心臓病の予防になる」「アルコールはがんのリスクを高める」……などなど、アルコールにまつわるさまざまなうわさを耳にしませんか? 一体、どんな種類のアルコールをどれだけ飲むのが、ヘルシーなのでしょうか? また、アルコールが苦手な人は、どのようにアルコールとつき合えばいいでしょうか? 実はこのトピック、専門家や科学者の間でも活発な議論になっています。この疑問に関して、ハーバード公衆衛生大学院(HSPH)のホームページに、たくさんの情報が紹介されています。これらを参考にしながら、アルコールとのつきあい方を見直しましょう!

この記事は有料記事です。

残り3549文字(全文3845文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
大西睦子

大西睦子

内科医

おおにし・むつこ 内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に、「カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側」(ダイヤモンド社)、「『カロリーゼロ』はかえって太る!」(講談社+α新書)、「健康でいたければ『それ』は食べるな」(朝日新聞出版)。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

更年期迎えた妻の最大ストレスは「夫」という現実

 有名なタレントさんや雑誌のコラムで「私の症状は夫源病だ!」という話を聞いたり読んだりすることが増えた。実際、医学的に「夫源病」と…

旅と病の歴史地図
麻疹の流行が報じられ、東京都内のクリニックでワクチン接種を受ける男性

麻疹ワクチン接種 「本当に必要な世代」に

 3月中旬、沖縄県で始まった麻疹(はしか)の流行は愛知県など全国に拡大し、国立感染症研究所によると、患者数は5月13日までに149…

医をめぐる情景
主演の杉村春子さん(左)と、新藤兼人監督の妻で共演の乙羽信子さん(右)

「午後の遺言状」新藤兼人監督が描いた“老い”

 ◇映画「午後の遺言状」(1995年) 久しぶりに会った親友が認知症になっていて、あなたのことがわからなくなっていたら、あなたはど…

Dr.林のこころと脳と病と健康

普通では考えられないうそをつく人たち

 ◇うそつきは病気か【1】 人は誰でもうそをつきますが、「虚言癖」「病的うそつき」という言葉があるように、ちょっと普通では考えられ…

人類史からひもとく糖質制限食

人類は「穀物が主食」に適応できていない

 現代は穀物が人類の主食になっています。皆、それを当たり前に思い、何の疑問も持っていません。しかし、農耕が始まる前の人類の主食が穀…

超高齢化時代を生きるヒント
健康福祉センターの食事会に集まった地域の高齢の人たち

大切な人のため「胃瘻で生きる」愛もある

 これまで、高齢化の話や成年後見のこと、介護サービスのことをいろいろ書いてきました。今回は、みなさんの将来に必ず起きることについて…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア