患者と医師の会話

医者「この高血圧の薬にはエビデンスがあります」

患者「では、その薬を私に使ってください」

医者「できません」

患者「えっ、どうしてですか?」

医者「あなたの病気は糖尿病だからです」

夏目漱石のかかりつけ医が日本のEBMに貢献

 ある年代以上の人なら、図書館で自分の調べたい文献を探すのに、抄録が書かれたカードを一枚一枚めくった経験があるのではないでしょうか。医学分野では、米国立医学図書館が1879年に創刊した「Index Medicus(インデックス・メディカス)」が代表的な抄録誌です。日本では、開業医の尼子四郎(同じ町内に住んでいた夏目漱石のかかりつけ医で、「吾輩は猫である」の甘木先生のモデルになった人物、出典:斎藤晴惠「尼子四郎と夏目漱石」医学図書館 2006; 53: 60-64.)が1903年に抄録誌(医学中央雑誌)を創刊しています。

 情報技術(IT)の発達により、抄録誌は電子化されてCD-ROMになり、さらにオンライン化されました…

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1822文字)

北澤京子

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア