11月は来る冬の風邪のシーズンに備えて、体調を整える時期です。風邪やインフルエンザの予防効果が期待できる漢方薬を紹介します。

漢方薬の補剤で気力や体力をアップ

 冬になると風邪ばかりひいている、予防接種を受けているのにインフルエンザにかかってしまう--。このような人におすすめしたいのが漢方薬の「補剤(ほざい)」です。漢方医学では「気・血・水」(連載第2回参照)が体内に過不足なく存在し、五臓の働きがよいことが健康な状態と考えます。五臓とは体の生体機能を五つに分類したもので、肝(かん)=血を貯蔵して解毒し、気血水を体内に巡らせる▽心(しん)=心臓を含む循環器全体の働きに関係する▽脾(ひ)=食べ物を消化、吸収して気や血をつくる▽肺(はい)=呼吸機能にかかわり、気や水の巡りをよくする▽腎(じん)=五臓の中でも最も深い所にあり、生命力の源となる--を指します。補剤は気・血・水の巡りが滞って体調がよくない場合にこれらを補い、気力や体力をアップさせるのです。

 補剤で体調が整うと病原体に対する抵抗力が高まり、風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。補剤に…

この記事は有料記事です。

残り2521文字(全文2998文字)

加藤士郎

加藤士郎

野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授

かとう・しろう 1982年獨協医科大学卒後、同大第1内科(現心臓・血管内科)入局。88年、同大第1内科大学院卒。第1内科講師、宇都宮東病院副院長などを経て、09年野木病院副院長、筑波大学非常勤講師。同年、筑波大学付属病院総合診療科に漢方外来開設。10年筑波大学付属病院臨床教授。筑波大学付属病院で漢方外来に従事するととともに、主に学生、研修医を対象に漢方の教育活動を行っている。医学博士、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本老年医学会専門医・指導医など。

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア