病気を知るDr.堀江重郎の健康羅針盤

がん創薬に「消費者」の視点を

堀江重郎 / 順天堂大学教授

がんに関するすべてを議論する「国際がん会議」にて

 11月初め、パリで開催された国際対がん連合(UICC)の世界大会である「国際がん会議(World Cancer Congress)」で講演をしてきました。UICCは元々、がんの基礎研究の成果を発表する場です。日本の病理学者、吉田富三博士(1903~73年)が、ラットの腹水に浮かぶがん細胞を発見し、世界で初めてがんを細胞単位で研究することを可能にした「吉田肉腫」の研究など、多くの歴史的な発見がこのUICCから世に送り出されてきました。また患者さんに関係の深い成果としては、がんの病期(ステージ)を表す世界共通のコードであるTNM国際分類を作成するという大きな仕事も、UICCが行ったものです。国際がん会議は、2年に1度開かれます。世界保健機関(WHO)関係者や各国のがん学会の代表、医療政策の専門家、がん患者の支援団体や禁煙に関する運動を展開する団体まで、さまざまな立場で健康にかかわる人たちが大勢参加し、がん撲滅について熱心に討議する場になっています。今年の大会初日には開催国フランスのオランド大統領が登壇し、がん対策についてのスピーチを行って、大いに盛り上がりました。

この記事は有料記事です。

残り2368文字(全文2880文字)

堀江重郎

堀江重郎

順天堂大学教授

ほりえ・しげお 順天堂大学大学院教授、泌尿器科医。1960年生まれ。東京大学医学部卒業。日米で医師免許を取得し、国立がんセンター中央病院などを経て、42歳で帝京大学医学部主任教授に就任。日本初の男性外来であるメンズヘルス外来を開設。2012年より現職。手術ロボット・ダヴィンチを駆使した前立腺、腎臓手術のトップランナーであると同時に、アンチエイジングと男性医学、腎臓学の研究に没頭している。中高年男性をハツラツとさせるのが生きがい。日本メンズヘルス医学会理事長、日本抗加齢医学会副理事長。著書に「ヤル気がでる!最強の男性医療」(文春新書)、「男性の病気の手術と治療」(かまくら春秋社)ほか。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

原因不明の頭痛・腰痛と「釣り」の微妙な関係

 私の男性更年期外来には、頭痛や腰痛が続き、どの病院に行っても原因がわからず、対症療法をしてもいっこうに症状が良くならない患者さん…

医をめぐる情景

「失恋でうつ」の友人を励ますのはいけないこと?

 ◇楽曲「元気を出して」(1984年) 竹内まりやが作り、歌った「元気を出して」は、失恋して落ち込んだ女友だちを女性が励ます歌だ。…

人類史からひもとく糖質制限食

「正常範囲内の高血糖」でも全がんリスクが高まる

 国立がん研究センターがん予防・健診研究センター・予防研究グループが2015年、興味深い論文を発表しました。翌年には英文医学雑誌に…

旅と病の歴史地図
海外に出国する人たちでにぎわう出発ロビー=成田空港で2018年8月10日午前10時9分、小川昌宏撮影

旅先でつらい「旅行者下痢症」を薬で止めていい?

 海外旅行中に起こる下痢を「旅行者下痢症」と呼びます。発展途上国に1カ月間滞在すると半数近くの旅行者がかかるとされており、頻度が大…

超高齢化時代を生きるヒント

アルバイト医師が回す「在宅医療クリニック」の闇

 医学部5年生だった1989年の夏休み、私は実家近くにあるM先生のクリニックで1週間の実習をしていました。晴れて暑い水曜日の午後、…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア