病気を知る認知症110番

認知機能低下で無表情に--自信を持って声かけを

認知症予防財団

 86歳の夫を介護している80歳の妻です。夫は26年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、まひは軽かったのですが、徐々に徘徊(はいかい)や暴力があり、どうしてよいか大変でしたが夢中でした。今は食事も介助が必要になり言葉もなく、感情もあるのかないのかわからない状態です。仕事で生き生きしていた頃もあったのに、思い出は遠くなり、面影も薄れていくばかりです。子どもたちが来ても無表情ですが話しかけや動きには目を向けます。目の前の必要な介護だけで、声をかけるのも少なくなっています。=東京都、妻(80)

【回答】自信を持って声かけを

 26年間介護をしてこられたのですね。その間、いろいろなことがあり、今があるのですね。言葉では言い尽くせないと思います。だれにでもできることではありません。ここまで介護できたのは、ご夫婦のそれまで築いてきた人生そのものなのでしょうね。お互いが信頼して家庭を作りあげてきたからできているのだと思います。

 ご主人は、脳梗塞で倒れ、身体機能の後遺症は軽く済んだようでしたが、認知機能の低下があったのですね。その頃は、まだ認知症に関する情報も少なく、さぞご苦労されたことでしょう。どうしてよいか途方に暮れたことも多々あったことと思いますが、それを乗り越えてきたのに、言葉も感情も表せない状況になってしまったのですね。いつも一緒にいて、時間になると必要な介護をして滞りなく暮らしていると、当たり前に過ぎて行ってしまうので、その時の表情や雰囲気の変化に気づかないまま、時間だけが通り過ぎているのだと思います。

 日常の暮らしが、平穏で安心した状況であるから気づかないのだと思います。今の気持ちや思いを言葉では言えない状態であっても、人としての感覚や感情は衰えることはありません。言葉で言えない状態だからこそ、感覚や感情はより敏感になっています。ご主人だって、子どもたちが来て話しかけたりすると、言葉は返せなくて無表情のようでも、その場の雰囲気や動きは心地よいから目を向けるのだと思います。認知症だから、何も感じない、分からないということはありません。ただ、言葉で自分の思いを伝えることができないだけです。人の尊厳は認知症であっても変わらないのです。言葉が返ってこないのは、介護している妻にとってむなしさや寂しさで心が折れそうになると思いますが、ご主人は感じているのです。

 無表情のように見える顔も、よくみると変化が感じられるときもあると思います。ご夫婦で築いてきた人生です。若い頃を思い出し、たくさんの思い出を引き出して、ご主人の傍らで話しかけてはいかがでしょうか。言葉は返ってこなくても、穏やかな表情が返ってくると思います。作りあげてきたご夫婦の人生は砂上の楼閣ではありません。確かな人生の歩みです。決して消えることはありません。自信を持って声をかけてください。そのことでさらにご夫婦だけの豊かな人生が積み重ねられると思います。

回答者 是枝祥子(これえだ・さちこ)大妻女子大学名誉教授=介護福祉学

認知症予防財団ウェブサイトから】

医療プレミア・トップページはこちら

認知症予防財団

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

旅と病の歴史地図

「海外出張183日」高裁が過労死を認めた理由

 ◇首相の外遊は過重労働? 政治家の海外出張を「外遊」と呼びます。その字を見ると遊びのようにとられますが、この「遊」は「旅」を意味…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア