ここ数年、てんかんの患者さんが自動車を運転中に発作を起こし、周囲を巻き込む死亡事故に至ったケースなどが報道され、てんかんそのものが注目を集めています。ただ、一般のてんかんに関する誤解は依然根深いものがあります。皆さん、てんかんというと、「失神して手足を伸ばして硬直させ、その後バタバタと手足のけいれんを起こす病気」というイメージをお持ちではありませんか? 医学が未発達の時代には、こうした症状から「キツネに取りつかれた」などと言われたこともあります。

 てんかんの症状は多彩です。一般の方々はてんかんというと、「けいれん」をイメージすることが多いようで…

この記事は有料記事です。

残り2086文字(全文2362文字)

工藤千秋

工藤千秋

くどうちあき脳神経外科クリニック院長

くどう・ちあき 1958年長野県下諏訪町生まれ。英国バーミンガム大学、労働福祉事業団東京労災病院脳神経外科、鹿児島市立病院脳疾患救命救急センターなどで脳神経外科を学ぶ。89年、東京労災病院脳神経外科に勤務。同科副部長を務める。01年、東京都大田区に「くどうちあき脳神経外科クリニック」を開院。脳神経外科専門医であるとともに、認知症、高次脳機能障害、パーキンソン病、痛みの治療に情熱を傾け、心に迫る医療を施すことを信条とする。 漢方薬処方にも精通し、日本アロマセラピー学会認定医でもある。著書に「エビデンスに基づく認知症 補完療法へのアプローチ」(ぱーそん書房)、「サプリが命を躍動させるとき あきらめない!その頭痛とかくれ貧血」(文芸社)、「脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング」(サンマーク出版)など。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

「楽天家はインフルエンザにならない」は本当?

 前回、インフルエンザの予防とその費用をどう負担するかをみなさんと一緒に考えた。最善の処置をとってもインフルエンザ感染を完全には防…

理由を探る認知症ケア
 

みんなで一生懸命考えた「歯ブラシをかむ理由」

 ◇歯ブラシをかんでしまうKさん 長女夫婦と同居していたKさん(60代、女性)が、こたつの敷布団に足をひっかけて転び、太ももの骨を…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
全国から揚げ物が集まる「あげあげサミット」。日本人も揚げ物は大好きだ=滋賀県湖南市で2016年9月3日

「週1回フライドチキン」が死亡リスクを高める?

 コロッケにフライドチキン、トンカツに天ぷら。油のいいにおいがして、ジューシーで熱々の揚げ物がお好きな方は多いでしょう。でもご用心…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
大学入試の直前に、参考書やノートを広げる受験生。受験のストレスもカンジダ発症の一因だ

入試ストレスでも発症「カンジダ」三つの原因

 今回から計3回にわたり、病気の原因になるカビ(真菌)の話をします。まず初めに取り上げるのが、前回はニキビに使う抗菌薬の長期使用で…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア