病気を知る認知症110番

階段も大丈夫という父--優しい声かける環境を

認知症予防財団

 80歳の父と私(長女、会社員)の2人暮らしです。母は15年前に他界。父は5年前から物忘れが目立ってきましたが、自分でやろうとする気持ちは若いころから変わりません。最近、階段の手すりにつかまらず転びそうになることが多く、心配しています。デイサービスを週4回利用、土・日は私がみています。2階が父の部屋でトイレやリビングは1階。以前部屋を1階にしたのですが混乱してしまい2階に戻しました。「気をつけているから大丈夫」と言いますが不安です。=山梨県、女性(49)

【回答】優しい声かける環境を

 階段から落ちて骨折するのではないかとハラハラする気持ち、よくわかります。お父様は娘に世話をかけないように、自分のことは自分でやろうとしているのでしょうから、手を貸しすぎると意欲がなくなって受け身になってしまう恐れもあります。お父様の自立心や意欲を損ねないで安全を守りたいと思うことは当然だと思います。しかし、加齢とともに身体機能は低下し、認知機能も同様に低下していきます。お父様は物忘れもあるということですから、あなたが多方面から援助して日々の暮らしができているのです。

 加齢とともに手の巧緻性や把持力が低下し、階段の手すりにつかまらなければならないことがわかっていても面倒になることがあります。お父様は物忘れがあり、自分ではできると思っているので、このくらい大丈夫と思っているのでしょう。危ないと意識してつかまる判断能力が低下して危険に対する意識が低くなるのに加え、手すりをつかむ力が少なくなって手すりにつかまらないで階段を上り下りしてしまうのではないでしょうか。危険の意味を説明しても、すぐに忘れてしまうと思いますが、その都度、優しく穏やかに声をかけ見守りましょう。毎日繰り返される状況なのであなたにとってはストレスにもなると思いますが、お父様の現状の自立心や身体機能の維持を考慮しましょう。危険な状態が起こりうることもあると思いますが、お父様にとっての暮らし方、生き方を大切にしましょう。

 あなたが家にいるとき、お父様が階段の上り下りをする気配が感じられた場合は、「手すりにつかまらないと落ちますよ」「大丈夫」「見ているから、ゆっくり下りましょうね」などと、安心して行動できるように声をかけましょう。つい「落ちてからでは大変ですから……」と言いそうになってしまいがちですが、お父様をいらだたせる言葉、あなたが大変になると予測できる言葉は慎みましょう。わかっていても、毎日続けることはとても大変です、あなた自身も自分の気持ちを和らげるような、例えば歌を口ずさんだり、壁に好きな絵を飾ってながめたり、好きな花を飾ったりなどの工夫をして、優しい言葉がかけられるような環境をつくるのも一つの方法です。

回答者 是枝祥子(これえだ・さちこ)大妻女子大学名誉教授=介護福祉学

認知症予防財団ウェブサイトから】

医療プレミア・トップページはこちら

認知症予防財団

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア